晒し女

藻朱

862文字

ダダイスムを彷彿とさせる自由詩。

()(つつ)ましく、矢柄(やがら)()()に (あや)(こけ)なし

冬椿(ふゆつばき)()(ほと)

()(つつめ)く、()まひては

仲悴(なかやつ)く、(やに)見舞(みま)ふ。

 

(あや)せて()でて

不味(ふみ)(つゆ)

登世弓(とよゆ)削萎(げな)えじ、亜若児(あにゃこ)()に、

()りて、艶爬(あでは)

叉根(さね)しく ()つつ

(ゆえ)()()つつし

多々(たた)歌碑(かひ)不磨(ふま)()

茶露(ちゃつゆ)(ゆえ)、あれや。

 

ためな!

市目乳(しめち)()(くさ)れ!

 

澄露憑(すみつゆつき)沼緋(ぬまひ)に、

雌旨(めし)(すな)()りし、藻苔(もごけ)に、

 

汰茶(たちゃ)めいて 汰茶(たちゃ)めいて 汰茶(たちゃ)めいて 奇話(きわ)く、

(やく)する身なく

 

汰茶(たちゃ)めいて 汰茶(たちゃ)めいて

汰茶(たちゃ)めいて 汰茶(たちゃ)めいて 素面(すめ)ろし。

 

七瀬(ななせ)身無(みな)みせ

()ひ 無身(なみ)つつ(のり) 茶露(ちゃつゆ)奇追(きお)

夜目(やめ)(なつ)

手子(てご)()けはひに ()らす

滅茶出湯(めちゃでゆ)の、手。

湿(しと)りなり (つゆ)かし

湿気(しとけ)なす九字(くじ) ()目茶(めちゃ)()き進め ありをりて

早無(はやな)みせ。

()()りえて ()りては

()(つつ)(つつ)し なすまひに無みす

 

()り ()()り 亜伽態(あぎゃてい)挽歌(ばんか)

追われて めりむりすまっせ。

 

()るのを

()()るのを

()めし()いで

茶露(ちゃつゆ)()めしては ()をのこす

眼恙(めつつが)(すか)

()し。

2008年6月2日公開

© 2008 藻朱

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

シュール

"晒し女"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る