スルメイカとおむつと妹と

藻朱

小説

540文字

 

スルメイカを食べると、潮の香りが、口に広がる。それが好きで僕は今日もスルメイカを噛む。マヨネーズとか、唐辛子はつけないで、コンロの火で少しあぶって、人肌になったところを口に放り込んで、何度も何度も噛む。やりすぎて、歯茎から血がでることが儘にあるけれども、あまり気にしないで、かみつづけていると、スルメイカの肉片は唾液に溶かされて、徐々に口腔内の粘膜に浸透していく。肉片がなくなって、口の中は唾液しかなくなって、それでもかみつづけていると希に、スルメイカの風味がしみこんだ歯茎から、白濁液が勢いよくぷちゅっと、飛び出すことがある。白濁液はスルメの風味と似ているんだけれども少し違っていて、苦くて渋い。歯茎から血が出ているときに白濁液が染み出してくることが希にあるのだけれど、僕はそうなるとたまらなくなって、妹をトイレに連れ込んで、憑かれたように彼女のおむつを取り替える。はじめのうちはいきり立った僕の形相におびえていたようだけれど、最近は慣れてきたのか、乱暴におむつをひっぺがす僕をきゃっきゃっと笑いとばすようになった。

今年3歳になる妹を愛でながら、ぼくは今日もスルメイカを噛む。そして白濁液と血で口の中がべとべとになると、おむつをかえに妹を連れてトイレに行く。

2013年3月4日公開

© 2013 藻朱

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"スルメイカとおむつと妹と"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る