「針男」

妖怪妖(第3話)

消雲堂

小説

519文字

武夫は街灯の少ない暗い道を歩いている。

遅くなってしまった。もう午前0時を過ぎている。
終電には間に合ったが、終電は、自宅ひと駅手前の駅が終着駅なので歩いている。
明日はいつもより早く出社しなければならないので、武夫は小走りで歩いている。
自宅まであともう少しというところに公園がある。この公園を通れば自宅までの時間を短縮できる。
武雄は躊躇することなく公園に入った。
しばらく歩くと「おっさん」ドスの効いた男の声がした。
振り返って見れば20代後半に見える男が3人立っている。
声を発したのは、そのうちの一番大きな男のようだ。
3人は武雄の周りを小刻みに左右に動いて武夫が逃げないように囲んでいる。
「何か?」武夫が答えると「金持ってる?」とさきほどの大きな男一人が言う。
「つまらない。金が欲しいのか?」武夫が鼻で笑う。
「何だ、その言い方?」「バカにしてるのか?」と男たちは怒り出す。
「だって、バカじゃん」武夫が答えると大きな男が武雄に掴みかかろうとする。
すると、武雄の全身から無数の太い針が現れて、それが5mほど伸びていく。
「おやすみ」武雄は自宅への道を急いだ。
公園には全身穴だらけになった3人の男の死体が転がっている。

2013年12月19日公開

作品集『妖怪妖』第3話 (全9話)

© 2013 消雲堂

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"「針男」"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る