哀愁の池袋に雨がふるのだった…って椎名誠か?

青春放浪(第5話)

消雲堂

小説

5,846文字

 

「ふふんふんふんふん…と」岩橋は何が楽しいのか競馬新聞を鞄に入れたり自席のお片づけをしている。いい子である。

 

「ああやだなあ・・・早く帰りたいよ」僕がため息つきながらそう言うと・・・。 「ほんじゃ帰りゃいいじゃん・・・」って穂田が冷たく言う。 「けっ、自分だって帰りたいくせに・・・」 「いや、俺はほら、早く帰ってもなにもないからさ・・・」 「俺だって、もう従妹はいないしさ・・・はあ・・・帰ってもオナニーするぐらいしかないな」従妹のU子は東中野の駅前にあった青林堂書店の店員と同棲を始めていた。 オレと穂田とでぶつぶつ言っていると…。色白の岩橋が僕と穂田を見て…。

 

「君たちは、ぬわにを言ってるのよぉ!さあ、池袋に行くんじゃないのお!!!レッツ・ゴー・ブクロイケ!!!」岩橋はもうノリノリである。 「あっちゃーーーー」僕は情けなくため息をついた。

 

僕たち一行4人は、大塚駅から山手線に乗って隣の池袋で降りた。そのまま池袋の駅地下街を東口の方に一列に隊列を作ってエッホエッホと歩いていく。ひとり…先頭の岩橋だけがスキップを踏むようにうきうきと早歩きしている。最後尾のワタナベくんは、腕組みし、気障っぽく自分の顎を右手で支えながら、ひとりでニヤニヤして歩いている。腕を振らないと歩きづらいだろうにな…白いはげ頭には真っ赤なマフラーが似合いそうだな…とかと僕は思っちゃう。あまりにも気になってしかたがないので僕はワタナベくんの横に並んで歩いてあげた。

 

「ワタナベくん…なんでニヤニヤしてんの?」素直な僕が素直に聞いた。するとワタナベくんは異常に驚いたように 「へっ!べ、べべ、べつになにもおかしいわけじゃないですよ…」と答える。ワタナベくんは普通に聞くと、異常に答える。普通と異常が逆転しているだけなんだろうな。並んで歩く僕をちらちらと見ながら、またまた右手を自分の顎に持っていっては探偵の様なポーズのまま歩く。姿勢がいいから、その姿はかなり面白い。

 

「編集長、ロサ会館の方すか?」穂田が聞くと「どっちだかオレにもわかんないんじゃないのぉ! とにかくこっちなんじゃないのぉ!」岩橋は根っからのいい加減な男だ。それに岩橋は“本能の男”だ。まだナビゲーション機器がない時代にナチュラル・ナビゲーションを搭載しているのだった。SEXと金のある方にチンコが向いてしまうのだった。

 

しばらく歩くと薄暗いネオンの光のなかに普通のキャバクラが見えた。ここか? ウスっ暗い店だなあ…。

 

「おお、ここここ。こっこなんじゃないのおお! バニーガールキャバクラじゃないのおお!!!こんちはあああああっ!!!」岩橋が先頭になって入店した。

 

「ええ?ここはボッタクリバーみたいな雰囲気だな。穂田くん…」 「うん」 ワタナベくんは相変わらず探偵のように店の外観を見ながら「ふむふむ」とひとりでうなずいている。もしかしたら入店したら殺人事件が起こるのだろうか?

 

 

「いらっしゃいませええ!!!」薄暗い店内に入ると2人のバニーガールたちが僕たちに向かって愛想笑いをした。そしてその中のひとりがばたばたと僕たちの元に駆け寄ってきた。見れば、その子はなかなかかわいい子だった。

 

「春菜でえす。よろしくうう」 「あれえ…ひとりなの?」岩橋が不満そうに言った。女好きの岩橋にはこの女の子ひとりでは不満らしい。 「え? いいじゃないですかあ…今日はお客さんがいっぱいなんだもん。女の子たちは忙しいのよ」って、その女の子が答えた。

 

店内を見ると、彼女が言うほどお客はいない…っていうか僕たちしかいなかった。ほかの男たちは従業員らしい。まだ時間が早いのだろうか? 時計を見るとまだ7時だった。もうひとりのバニーガールを見ると、店の奥で気怠そうにたばこを銜えて“ぷーーーッ”って紫煙を吹き出している。

 

僕たちは案内された席に座った。僕たちの担当のバニーガール春菜ちゃんは、嬉しそうに4個の小皿に入ったバタピーをお盆に乗せて来て「春菜でえす。よろしくうう…」 「さっきも言ったよね。バッカじゃないの…」ひねくれ者の穂田が馬鹿にしたように言った。穂田は根が優しくて、しかも女の子が好きなのだが、なぜか生まれつきひねくれ者で素直になれないのがキンタマに傷だった。 「ええ…言ったっけ?」春菜ちゃんはぷううって膨れっ面をした。「ええ、言ってないよねえ…春菜ちゃん…」僕が気を使って言った。 「言ってないよねえええ…」って春菜ちゃんが僕を見て、にこっと笑った。 すると穂田が僕を見て起こった様な顔をした。穂田は僕の“調子がいい”ところを嫌っている。僕は世渡りべたで、決して要領がいい方ではないのだが…穂田の方が僕よりさらに世渡りべたで要領が悪い…???のであった。このひねくれた部分を修正すれば女の子に好かれるのになあ…って思った。

 

「さあ、いいからさ、ビールを飲むんじゃないのお!!!春菜ちゃん、ビール3本になにか美味しいつまみを持って来てよ」岩橋がまだ飲んでいないのに真っ赤な顔をして言った。岩橋はカメレオンのように環境に顔色を合わせる事ができるのであった。

 

ワタナベくんを見ると例によって腕組み状態のまま右手で自分の顎をおさえながら「ふんふん」と店内を観察している。僕が面白いのでワタナベくんを凝視して観察していると、それに気がついたワタナベくんが「なにか、僕がしたでしょうかあ…」って小さな声で言う。

 

「いや、なんで顎を支えているのかと思ってさ…なんか名探偵みたいだから」 「た、探偵ですか? 僕はここに入る前には探偵みたいなこともしたことがあるのですよ」ワタナベくんが言った。 「嘘つけ!!!」岩橋が真っ赤な顔をして言った。いつの間にか春菜ちゃんがビールを持って来ていて、岩橋が待ちきれずに1杯飲み干してしまった。 「ふええ…そうなんだ? 凄いなあ…」って僕が気をつかって言うと、また「調子がいいなあ」みたいな目つきで穂田が僕を見た。 「なんだよ?」僕が穂田に言うと、穂田はなぜか悔しそうにビールを1杯飲み干した。

 

「探偵ってなに?」春菜ちゃんが嬉しそうに満面の笑顔で言った。 「かわいいなあ…」僕は一目で春菜ちゃんを気に入ってしまった。

 

 

 

「いらっしゃいませええ!!!」薄暗い店内に入ると2人のバニーガールたちが僕たちに向かって愛想笑いをした。そしてその中のひとりがばたばたと僕たちの元に駆け寄ってきた。見れば、その子はなかなかかわいい子だった。

 

「春菜でえす。よろしくうう」 「あれえ…ひとりなの?」岩橋が不満そうに言った。女好きの岩橋にはこの女の子ひとりでは不満らしい。 「え? いいじゃないですかあ…今日はお客さんがいっぱいなんだもん。女の子たちは忙しいのよ」って、その女の子が答えた。

 

店内を見ると、彼女が言うほどお客はいない…っていうか僕たちしかいなかった。ほかの男たちは従業員らしい。まだ時間が早いのだろうか? 時計を見るとまだ7時だった。もうひとりのバニーガールを見ると、店の奥で気怠そうにたばこを銜えて“ぷーーーッ”って紫煙を吹き出している。

 

僕たちは案内された席に座った。僕たちの担当のバニーガール春菜ちゃんは、嬉しそうに4個の小皿に入ったバタピーをお盆に乗せて来て「春菜でえす。よろしくうう…」 「さっきも言ったよね。バッカじゃないの…」ひねくれ者の穂田が馬鹿にしたように言った。穂田は根が優しくて、しかも女の子が好きなのだが、なぜか生まれつきひねくれ者で素直になれないのがキンタマに傷だった。 「ええ…言ったっけ?」春菜ちゃんはぷううって膨れっ面をした。「ええ、言ってないよねえ…春菜ちゃん…」僕が気を使って言った。 「言ってないよねえええ…」って春菜ちゃんが僕を見て、にこっと笑った。 すると穂田が僕を見て起こった様な顔をした。穂田は僕の“調子がいい”ところを嫌っている。僕は世渡りべたで、決して要領がいい方ではないのだが…穂田の方が僕よりさらに世渡りべたで要領が悪い…???のであった。このひねくれた部分を修正すれば女の子に好かれるのになあ…って思った。

 

「さあ、いいからさ、ビールを飲むんじゃないのお!!!春菜ちゃん、ビール3本になにか美味しいつまみを持って来てよ」岩橋がまだ飲んでいないのに真っ赤な顔をして言った。岩橋はカメレオンのように環境に顔色を合わせる事ができるのであった。

 

ワタナベくんを見ると例によって腕組み状態のまま右手で自分の顎をおさえながら「ふんふん」と店内を観察している。僕が面白いのでワタナベくんを凝視して観察していると、それに気がついたワタナベくんが「なにか、僕がしたでしょうかあ…」って小さな声で言う。

 

「いや、なんで顎を支えているのかと思ってさ…なんか名探偵みたいだから」 「た、探偵ですか? 僕はここに入る前には探偵みたいなこともしたことがあるのですよ」ワタナベくんが言った。 「嘘つけ!!!」岩橋が真っ赤な顔をして言った。いつの間にか春菜ちゃんがビールを持って来ていて、岩橋が待ちきれずに1杯飲み干してしまった。 「ふええ…そうなんだ? 凄いなあ…」って僕が気をつかって言うと、また「調子がいいなあ」みたいな目つきで穂田が僕を見た。 「なんだよ?」僕が穂田に言うと、穂田はなぜか悔しそうにビールを1杯飲み干した。

 

「探偵ってなに?」春菜ちゃんが嬉しそうに満面の笑顔で言った。 「かわいいなあ…」僕は一目で春菜ちゃんを気に入ってしまった。

 

 

「ねえねえ…探偵ってなあに?」バニー春菜ちゃんがかわゆい笑顔で禿げたワタナベくんの白いシャツの袖を引っ張った。 相変わらず右手を自分の顎に当てた気障なポーズを決めつつ「いや、大した事ないですよ…ぷふい!」 「まあた嘘言いやがって、くのやろうぅううう。探偵ってのは浮気調査じゃないのよおおお!」酔っぱらった岩橋がビール2杯だけで、スリムな白ジーンズに半袖のサファリジャケットみたいな半端な服のまま絡んでくる。 「ええっ!ぼぼ僕は本当に探偵をしていましたよ…」ワタナベくんは相変わらず右手を自分の顎に当てた気障なポーズである。 「嘘八百じゃないのよおお! ワタナベくんは元ジャニーズだったんでしょうがあ!」真っ赤になった岩橋が興奮して立ち上がった。ガッチャン! と音がしたと思ったら、岩橋が立ち上がった拍子に穂田のビールがひっくり返って岩橋の白いジーンズを汚した。 「あら? あらららら…穂田くん、なにするんじゃないのおっ!」 「編集長が立ち上がったから僕のビールがひっくり返ったんでしょ?」 「あらあ、言いがかりじゃないのお!」 「言いがかりは編集長じゃないですか!」 「ぬわにおおお!!」岩橋が立ち上がって穂田の襟首をひっつかんだ。 「ぼ、暴力は、バイオレンスは駄目すよ」僕が岩橋の半端なサファリジャケをつかんで止めた。 「あら? もうひとりのワタナベくん…僕のジャケットを離すんじゃないのよお。これ高かったんだからね」 「どうせヨーカ堂で1500円ぐらいでしょ?」と穂田が言う。 「馬鹿にすんじゃないじゃないのよお。2500円じゃないのお!!」 「安もんだ…」と僕。 「もうひとりのワタナベくん。聞こえたよ…」 「うひゃあーーー」

 

僕たちが騒いでいる時にもうひとりのワタナベくんはバニー春菜ちゃんとこっそりと、お話ししている。 「あのですね…探偵と言うのはですね、浮気調査ばっかしじゃないんですよ」 ワタナベくんは、白いジーンズにホワイトのGジャンである。岩橋と服の趣味が似ているのだ。 「ええ、ほんじゃ殺人事件とかも?」網タイツのきれいな脚を組んでぶらぶらさせながら楽しそうだ。 「さ、殺人事件もありましたねえ…。ふふん」 「え、どんな事件? ね、おせぇーて!」 「それは秘密ですよ。公にはできませんねえ。お客さんとの契約ですからねえ」ワタナベくんは自慢げに嘘をついている。 「まあた、ワタナベくん、探偵のアルバイトしてんのかよ? うちはアルバイト禁止じゃないのおお!」ホワイトジーンズ岩橋がまた絡んできた。自分だって埼玉の奥で水商売のアルバイトしてるくせに…身勝手な男の岩橋であった。その岩橋は右手に穂田の灰色のジャンパーをつかんでいる。小さな穂田は岩橋の手を振りほどこうとバタバタと騒いでいる。 「ええ!ぼぼぼ…僕はアルバイトなんかしてませんよぅ!」ワタナベくんの禿頭がピンク色に染まった。 「だって今、さも探偵やってる様な事言ってるじゃないのよお!」 「昔の話ですよ。探偵やめてもお客との契約は生きていますからねえ…」 「殺人事件の事、教えてよおお。ワタナベさあん」と言いながら、春菜ちゃんが僕の腕をつかんできた。 「僕は探偵の方のワタナベくんじゃないよ」 「いいんだよ。こっちのワタナベさんで…」って春菜ちゃんが僕の腕を自分の胸元に押し付けた。 「ありゃ?ありゃっりゃりゃ?」春菜ちゃんってかわいいなあ。

2013年12月18日公開

作品集『青春放浪』第5話 (全9話)

© 2013 消雲堂

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"哀愁の池袋に雨がふるのだった…って椎名誠か?"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る