スタードロップ〜星のひとしずく〜

キハ

小説

3,379文字

流れ星の女王は地球人に願いを叶えられる権利を一人一つ授ける。 しかし、その権利を目当てに争いがおきてしまった…

欲を考えさせられるお話。

 流れ星がこの世から見えたときに強く願い事を思うと願いが叶うと言われている。

 少女は願う。

 あの人と両思いになれますように、と。

 少年は願う。

 テストの点数がよくなれ、と。

 青年も願う。

 就職先がよくなってほしい、と。

 老人も願う。

 孫が元気で生まれますように、と。

 皆願う。

 老若男女問わず。

 そして、それを叶えている星──は宇宙の中での尊い流れ星の女王。

 女王が流れ星を作っているのだ。

「地球ってキレイ。青く輝くホシだね。憧れる」

 女王は地球を暗い宇宙空間から見つめた。

「ホシはわたくしよりキレイかもね」

 見とれた顔で女王は続ける。

「ふふ、ではキレイなホシさんにはご褒美をあげましょう」

 女王は地球にこう言った。

「願いを何でも叶えて差し上げます」

 女王は星の体から輝く細い星を放つ。

「これが流れてきたら願い事を言って下さい。叶えますよ」

 しかし、と続ける。

「確か、人口が79億人でしたよね…?なので一人一つ。79億分しか差し上げません」

 女王は微笑んだ。

 地球も喜びに満ちる。

「願い事、叶えます」

 しかし、これが悲劇を生むとは知らずに。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 79億人分。

 それが今の地球の総人口だった。

 79億人分しか願いが叶えられる権利がない。

 一人一つ。

 しかし、人々は一つの願いだけでは心を満たせなかった。

「あれも」

「これも」

「この願いも」

「お願いします」

 次から次へと欲望に掻き立てられ、もっともっと叶えてほしい…と思うようになった。

 もっともっと。

 ほしい。ほしい。

 願い事を叶えられる権利が。

 願い事を叶えられる権利が。

 願い事を叶えられる権利が。

 そう人々は考えると、人口を減らすことを考えた。

 人口を減らせば、自分の叶えられる権利が増える。

この作品の続きは外部にて読むことができます。

2022年1月12日公開 (初出 小説家になろう

© 2022 キハ

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"スタードロップ〜星のひとしずく〜"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る