いつでも時は

キハ

小説

508文字

いつでも時は進むのか
誰か教えてほしい……

ぼおーと見つめる

その湖畔に漂う

空気は……

 

神経を集中させ

サラサラと書き進める

教室は……

 

何もしていなくて

ただただ過ごしている

毎日は……

 

「静かだな」

 

誰かが呟くその声さえも

 

空気に溶け込まれ何も反響さえもしない

 

それでも日常は

毎日当たり前のように

過ぎていく

 

もう一日過ぎたかなんて

気にしないでも

生活できていけるほどの

 

静かでもうるさくてもざわめきでも

大人しくても元気でも悲しくても嬉しくても

 

何があっても時間は進んでいくのか

 

いつか私達が

去るときになっても

きっと時間は進むのだろう

 

たとえこの地球が

滅びて時間という概念が

消えたとしても

 

無情に進んでいってしまう

 

何があっても何もなくても

ただただ平凡でも波乱でも

辛くてもキツくても楽しくても

 

静かでもうるさくてもざわめきでも

大人しくても元気でも悲しくても嬉しくても

 

生きたくても死にたくても

泣いていても笑っていても

いなくてもいても……

 

何をしていようが

 

何もなかろうが

 

時間は進むのだろう

2022年5月21日公開

© 2022 キハ

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"いつでも時は"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る