次郎と源三

阿蘇武能

小説

773文字

太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。
次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。
——三好達治——

「もう少しだからな、もう少しで着く。おお、おお、こんなに体を寒うして」

源三は次郎をおぶさりながら雪道を進んでいく。風はますます強くなってきて、源三の体を容赦なく痛めつけた。源三は背中の次郎を必死にかばいながら、一歩一歩、雪に埋まる足を抜いて前へ歩いていった。

「わしがいけんかった。許してくれ」

誰に聞かれるでもなしに源三がつぶやき続ける。人っ子一人いない雪道の中を進んでいかねばならない源三はともすると自分がどこを歩いているのか分からなくなった。そんな自分を無理やりにでも前へ進ませるように、源三は念仏のように懺悔の言葉をつぶやき続けた。日はもうとっぷりと沈み、あたりは底冷えのするような寒さが風に紛れて全体を覆っている。源三の足は氷のように冷えていて感覚がない。頭の傘には雪がびっしりと積もり、視界がわずかな中で進んでいかなければならなかった。

背中から聞こえてくる次郎のかすかな息遣いは風に消されて源三の耳まで届かない。源三は懺悔の念仏を呟き続けながら、次郎の僅かな重みを頼りに歩を進めるしかできなかった。源三の足跡は深々と雪の上に残りはしたが、それも吹き付ける夜の風の前では薄れていく一方である。

「もう少しだ、もう少し」

こんな時、源三は次郎を励ましている以上に自分を励ましていることに気付いていなかった。それでも源三は自分などまったくなくなったように、ひたすらに前へ前へ、つんのめるようにしながら歩いていった。

遠く彼方にはきらめく小さな明かりがある。降りしきる雪の中で何度も見失いそうになりながら源三は一歩また一歩とその明かりに近づいていった。

「ほら次郎、見えたぞ。あそこへ着けばもう安心だ。」

急に元気づいたように源三の声は大きくなった。

 

「もうすぐ着く、もうすぐ着く……」

風はやがて二人の影をかき消し、雪の中へと見えなくしていった。

2021年9月26日公開

© 2021 阿蘇武能

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

童話 純文学

"次郎と源三"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る