8月1日

あわいにたゆとう者たちは(第2話)

タカミネ

小説

138文字

                     

8年前、何もかも透明な町を訪れたことがありまして。

そこで目にした夢花火が忘れられないのです。

文字通り人の夢を花火玉に籠めて打ち上げるのですが、建物や人が透明なものですから、

花火の色が乱反射して一瞬だけぼんやりと、町の姿が浮かび上がるのです。

それはもう、夢のような時間でしたよ。

2020年7月15日公開

作品集『あわいにたゆとう者たちは』第2話 (全19話)

© 2020 タカミネ

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ファンタジー ホラー 散文 純文学

" 8月1日"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る