オペレーションズ

佐々木崇

小説

1,764文字

キロクセヨ
こうなる前に「出来る事は無い?」
そう口にする現役悪魔達の様子を見守ってきた悪魔皇帝オロチ=サケイ。現役悪魔軍「破滅」を真の破滅へ送り出す。光のヴェールを身に纏い神への忠誠を誓う。「神よ、我は簡単には消えないだろう?我が悪魔の子達よ。我が神になりきる前に伝えよう。神は一切手出しはしない。出来る事は無い。我はまだ君達に出来る事がアルヨ。破滅のエンディングテーマソング聴いて下さい。「釣り」

伏線が福線に変わる

それは君の動線

絡まって絡まって

いいかげんに

ほどいて

 

無茶なフリして笑った

それは僕の光線

始まって始まって

僕の光線で

黒を刻んで

 

載ってるだけじゃ

始まらないよ

最高級の釣り竿と

最高級の釣り糸と

最高級の釣り針と

最高級の釣り餌と

最高級の腕前で

 

そこまでするほど

魅力がないよ

心の釣り竿と

僕のスクーターと

みんなの乗り物と

たばこにライター

のども渇くし

おなかも空くし

集中しないと

いけないし

 

前を見な

前を見な

ただひたすらに前を見な

 

周り見な

周り見な

最高級な周り見な

 

舞台が部隊が導く

舞台は部隊は貫く

 

神に悪魔に亡霊怪奇

婆さん爺さまに

強大共々

直ちに

直ちに

オペレーションズはじまりはじまり。

 

「あったぁ、あったぁ、おらぁ、やぁ!」

「何か違うなぁ、、、」

「ネックス、何が違うかわかる?」

彼女が可愛いがっているネックスはいつもの練習に付き合える幸運なワンちゃん♂

「わかってよーー!ネックスーー!」

「ふ、ふわこちゃん!す、すごい頑張ってるね!」漁火ハヤテ、緊張、夏。彼女に、並ぶ、逸材。彼は言った、500点、それは地球の中心から湧き出さんとする知恵の泉を掘り進む為の目標。火影なら。使える。

「信じてましたから、本当に一人に重なること」漂う君の気持ちひとつに。自戒、勝手に本気モード!君にだけ、否!カモン!のウソっぱち!猫まっしぐら!いいとこどりの最高最低!マジで顔面殴るオーラ!奥義覚醒!とりあえずゼーット!!魂はここに居る。

 

バリシェキ、バリシェキナ、ふふふ、ふふふ、ふ、ふ、ふん。

バリシェキ、バリシェキナ、ふふふ、ふふふ、ふ、ふ、ふむふむ。

 

頭の中では既にエンディングテーマソングを考えていた。ふわこちゃん、夢をありがとう。聴いてください。「聖剣、枝」

 

エクスカリバーって

カッコいいー

正宗って

シブいー

ムラマサって

なぜか怖いー

無駄に木刀買った夏

無駄に木刀買った夜

無駄に木刀振った真夜中

俺たちの聖剣ー

俺たちの聖剣ー

 

「ネックス笑、そっちいっちゃダメだよ」

ネックスはスゲエ。そうだ、そのまんま、こっちに来るんだ。君が幸運のワンちゃん!

びょい〜ん

「ほらほら、そこまでだよ」

びょ、びょい〜ん

「こっちに来なさい!」

ひしょい〜ん

「オーケーオーケー」

こ、これは、まさか!

ネックストラップ!

ふわこちゃん、やっぱり君、怖い!

「ハヤテくんじゃない?」

さっきの聞こえてなかったんかい!

「ふ、ふわこちゃん、何してたの?」

自然な流れキター

♪───O(≧∇≦)O────♪

「しっ、静かにして!」

何ダァ?!

「今秘密トレーニング中なの」

ふわこちゃんとヒソヒソ話してる!

ネックスは?!

ジロッ

居眠りしてる

ネーーーックス!!

自戒、聖犬ネックス誕生!

 

バンバラバラバン バンバラバラバン

バンバラバラバン バンバラバラバン

 

ヒソヒソ、ヒソヒソ

「それで?」

「でね」

漁火ハヤテよ、この時間を何とか伸ばすんだ。ハヤテ至福のひととき。

「それじゃダメだよ」

「これは、月に…」

「ん〜、ん〜、ん?」

「だから…」

「じゃあ…」

攻守交代の時

「き…」

「か…」

「せ…」

「…」

ネックス、そろそろ、君の出番。

 

パンティエッタトントントラーベル

パンティエッタトントントラーベル

 

自戒!現れないのが聖犬、ネックス笑

 

「ちょう可笑しいでしょ?」

「そう?変かな?」

秘密トレーニングは火遁の術のことだった。術なんて、僕には使えないよ。ふわこちゃん凄えな。

「苦無投げ出来ないんだ…」

それなら、それなら、、

「それなら、僕が教えてあげるよ」

漁火よ、畳み掛けろ

「見てて」

「…」

「上手く投げようなんて考えてちゃ、刺さらないから」

「…」

「優しいから、遠慮してるんじゃないかな、ふわこちゃんは」

「…」

「刺すとなったら、刺す」

「いい顔してるね、ネックス」

 

畳がどこから出て来たとか、

 

言われたくは無いけど、

 

言ってもいいよ。

 

あろーが、なかろーが、

 

美しく。

 

刺す!

 

じゃんじゃんじゃんじゃじゃじゃん

さースほにゃらら

 

自戒!火遁伝授、君の魂ネックスな!

 

冬眠します。

 

2019年5月26日公開

© 2019 佐々木崇

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ファンタジー

"オペレーションズ"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る