あさましき脈

藍生

296文字

詩のつもりです。

あなたのこころの動きのあさましさを愛している。あまりにも薄く人らしい、へらへらと笑っているあなたの内側の心のうわずりが愛しい。
彼女が立てる波の水は繊細さに欠けている片栗粉を溶いたあとのようなにぶい脈打ち、わかる、その水はぬめりがあって全部わたしの手におさまるから。わたしのそれは人に対する愛なのか、しかし人を美しいと讃えたいわけでは決してない。おさまった水に口をつけてみたいとは思わない。でも、彼女を見たわたしは、わたし自身は口の奥のほうで空気が少しよじれるのを感じる、舌を奥にやってそれに触れたくなる。感じている。そこにいる彼女に手を伸ばしたくなる。そう、触れたくなるのだから愛でいいのだ。

2022年4月29日公開

© 2022 藍生

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

実験的 自由詩

"あさましき脈"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る