騒ぎ

oga_yusuke

208文字

拙いながら書いた詩です。是非読んで頂ければ幸いです。

空になったコーラの瓶

 

写真に撮って、燃やした午前2

息を吸うと花々の濃い香りが

死に至らしめるようだった

指先から

訴えることができる

白い鳩が頭をつついて、

痒いところを撫でるだけでいい

広場の群衆は

噴水のまわりで大雨を待つ

足元の

落ちた手首に気がつかず

警官の叫声が波を逆だてる

猫が窓辺で眠り

殺された雲雀に蟻が群がる

春の陽光は

とても残酷だ

言葉にすることができないほどに

分裂し、増殖する植物相、繭玉の中で騒ぐ

生きものの声

2021年10月23日公開

© 2021 oga_yusuke

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

自由詩

"騒ぎ"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る