判断する たましいよ

多宇加世詩集(第17話)

多宇加世

359文字

ぱちぱちと

朝の誘蛾灯

で首を吊るやもり

おはようの死体

ぱちぱちと焦げている

匂いはしないけど 夢にみるよ

判断する たましいよ

ありがとう 気持ちいいな

分別をもった やさしい 肺よ

ちゃんと動いてくれて

どうもありがとう

 

肉眼でみた夢に出てくる

火薬類取扱保安責任者の

おくれ毛

生命!

ハート型のことじゃないけど

心配しないで作業をしてね

心臓!

ちゃんと動いてくれて

どうも有難う

 

減らしますかお薬を

いいえ

とりあえずのそのままが

もう少し誰もが慣れるまでが

けれども

慣れても失敗はするんだから

あんまり怒らないでって

いうこと それ融通利かせてくれて

どうもありがとうございます

 

髪の毛 一房分の重さの

多ければ二、三本の軽さの

染まった毛先の枝毛ぶんの

感謝をしましたが

初めからあなたには関係なかったこと

だったので 聞いてくれて

それこそありがとう

ごめんね

2020年7月23日公開

作品集『多宇加世詩集』最新話 (全17話)

© 2020 多宇加世

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


4.0 (1件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

自由詩

"判断する たましいよ"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る