幸せ

山田ゆず

729文字

不幸せと幸せ。母と娘。感謝の気持ちと継がれるもの。

私の母は何かを信仰していた。

いつも何かのお陰で幸せになれると。

何か嫌なことがあると、凄く喜ぶ。

 

母が言うには、

不幸せがあるぶん幸せが舞い込むから喜ばしいことだ、と。

 

でも私は母に幸せが訪れるのを見たことはない。

少なくとも私の見える範囲では。

 

いつも不幸にあって

「これで幸せになれる!」

と喜んでいるのを見ているだけだ。

 

なのに幸せはやってこない。

そんな母を、私は憐れに思う。

 

そして、とても、辛い。

 

私はずっと母を見ている。

 

ずっと辛い。

 

幸せのトリガーはどこにある?

母の言う何かを信仰すること?

 

もし……いつか母に、

母の手にも私の手にも負えないほどの不幸が起きたとしたら。

 

その時に私が信仰し始めたら、不幸が幸福になるだろうか?

信仰前の不幸はカウントされないのか?

 

もし、信仰をし始めた後カウントされるのだとしたら。

 

いつも母は、不幸せが来た瞬間に幸せがくると喜んでいる。

その喜びが幸せと判断されて、消費されているんだろうか?

ずっとそんなことをグルグルと考えていた。

 

 

母が死んだ。

特にこれといった幸福はやってこなかった。

 

私はもう母の不幸を見なくてすむ。

不幸を代償にした幸せって、たったこれだけなの?

母はもういないから『何か』が何かわからないけど。

 

きっと母は幸せだった。

私もいつか幸せになるんだろう。

だってこんなにも今、不幸だから。

 

ありがとうお母さん。

 

 

2017年4月6日公開

© 2017 山田ゆず

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


5.0 (1件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

自由詩

"幸せ"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る