プラネタリウム

R眞

小説

1,236文字

プラネタリウムはきらい。

 とはいえ、昨年の暮れにはユミカとユミを取っ替えたばかりだったのだから、もうこのまま一生、こんどこそと思っていたはずだったのだけれど、けっきょくユミとユウコを入れ替えた。ばつ3が名刺代わりになるとでも思っているの、結婚するならそんな簡単に離婚するなよ、なんて、一々苛々していたあのころの俺がなつかしい。
 声優のはずが毎日が撮影、撮影、ライブのあのこ、白に染まるまで何度もブリーチした髪色を保つため、服は自前で用意するため、投資は収入を簡単に上回るため、だからカラオケでアルバイト。ツイッターで自らつくったパブリックイメージに苦しめられながら、好きになってしまったファンのことを思う。
 夜行バスのなかスマホでツムツムしてるあのこはバンギャで、もう片方の手で髪色とお揃いのピンクのカラコンを瞳にいれる。僕も知っているあのバンドのボーカルに片思い、身体の関係はあるけれどずっと片思い。
 あのこの金髪ショートカットは似合っていて彼氏にも好評で一途なふりをしているけれど、その場の雰囲気でキスまでならおっけー、そんなこと、誰にも言ってないけれど、知ってる。だってわたしはあの日見ていたのだから。
 緑に染め上げた髪。あいつを知って男って美しいのだって思った。細い身体、そしてその大きな瞳で、女を憎んでる。
 蝉の死骸が転がる頃に旦那と別れた黒髪のあのこは職場ですでに新しい恋人をつくっている。「遅れてやってきた性春」、彼氏からのLINEであればどんな内容だっていまは幸せ。良かったよね、こどもがいなくて。そう言いながらまだ若い彼女の離婚を若い男たちは結婚以上に祝う。

 まずあるのは自分の感情で、そのときにどう感じるかが絶対で、それに基づいて行動して、その結果ならどんなに悪いことをするはめになってもかまわなかった。
そうやって生きてきたはずだったのだけれど、いつのまにか誰もぼくの素性をしらない、知っている人間はだれもいないそんな場所へと流れ着いた。
 過去を掘り返されることもなく穏やかに生活できるという考えは甘くて、そうであるほどに自分のことがわからなくなっていく。
 すべてのものごとが同じていどの価値でしかない。
 一々、なにがたいせつか、なにがいらないものか、教えてもらわないとわからない。
 おれみたいなひとが多いから、どこが泣きどころなのかわかりやすく書かないと本は売れないのだって。みんなそんなにばかじゃないよ、と思っていたけれど、うん、ばかではないのだけれど、みんな思っているより弱いから、同じ場所にひとりでずっと立ち尽くすことなんてほとんどできないのだから時代に許される気がしないのだから、わたしたちは他人に優しくあるべきなのだから、だから、仕方ないことなのかもしれない。

 


 国道を走る車を眺めていた。
 炎天下のなか歩く。
 浴衣を着付けたのは何年ぶりだろう。
 下駄のせいで足が痛い。
 もう少しで帰れるからと言い聞かせて歩いた。

2015年7月23日公開

© 2015 R眞

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


3.0 (1件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

純文学

"プラネタリウム"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る