新幹線の中で妻が金魚

鮭さん

小説

395文字

妻が金魚である。新幹線の中で妻が金魚である。

新幹線が出発して2時間が経った。車内は相撲取りが鞭打ちにあったような静けさである。

妻のはるかは外を見ていて、金魚になっている。柿ピーを持って口に近づけると口をぱくぱくさせるので上手に入れてあげる。それを何度も繰り返す。

「金魚だね。」

と言うと、

「金魚じゃないわ。」

と言う。

車内販売の女がやってきて、妻がぶっきらぼうに話しかけた。

「あのねえ私、もう2時間も新幹線に乗っているの。心が新幹線の幹になってしまいそうだわ。」

「はい。そんなことわかっていますわ。」

車内販売の女は窓の外の空を見ながら言った。

「あなたなによ。そんなことわかっていますわって。客室乗務員のくせに生意気なんじゃないですか。図に乗るなよ。」

「はいはいお客様わかりましたから。はい、これをどうぞ。」

車内販売の女は妻にミネラルウォーターを差し出した。

「そんなものはいらないわ。私、金魚じゃないもの。」

そういって妻は干からびて死んだ。

2022年5月11日公開

© 2022 鮭さん

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

SF ファンタジー ユーモア 純文学

"新幹線の中で妻が金魚"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る