MARVELOUS ACCIDENT 未知の始まり

Arisa_02

小説

1,079文字

フィクションと実話を混ぜたダークファンタジー。どこまでが架空の出来事かは、皆様のご想像にお任せ致します。

人間の黒い部分が前面に現れた作品です。そんな中、人間の優しさに心温まるシーンあり。

 

第一章 始まりの時

 

 

これは僕が体験した、不思議で歪んだ世界の物語。ここから、ただのいじめられっ子だったこの僕、上野飛華流うえのひかるの人生が大きく変わり始める。

皆、狂っていた。そんな狂った者達が、日常に潜む非日常へと僕を少しずつ引きずり込んでいく。

一年D組、帰りの会の時間。

「一宝いっぽう中学校、三年C組の男子生徒が行方不明になりました。ここ数年、この町ではそういった事件が多発していますね。残念な事に、うちの学校でもついに、一人目の被害者が出てしまいました。ですので、寄り道せず、気をつけて帰りなさい」
顔面ニキビだらけの男子教師が真剣な顔をして、僕達にそう警告した。この人は、担任の加藤先生だ。

身近な人間が被害に遭う事で、事件がより身近なものに感じる。

「えっ ? その人、俺の部活の先輩なんだけど……」
「まじか……誰かに誘拐されたのか ?」
「いや、殺人事件かもよ……」
「遺体が、どこかに隠されていたりして……怖すぎるー」
周囲の生徒が、ざわざわと騒ぎ出す。そんな中、透き通った茶色の瞳を持つ、華やかな顔立ちの美少女が口を開いた。彼女は、花崎凛はなざきりん。クラスのマドンナだ。

「神隠しなんじゃないかな……」

凛の言葉で、しばらく教室は静まった。
一宝いっぽう町の住人が、次々と姿を消すこの怪事件。行方不明になり、発見された者はいない。それに、死体も何も見つからない。全て、あっさり消えてしまうのだ。
だから、神隠しと信じる人もいるらしい。

「あーあ、飛華流ひかるが消えれば良いのになー」
閉じている様な細い目で、こちらを睨みつけてくる、小柄な男は佐鳥黒也さとりくろや。学級委員でありながら、僕の事を虐めてくる。
僕は運悪く、こいつの隣の席にされているんだ。黒也くろやが、消されてしまえば良いのにな。

「こらこら、よしなさい……アッハハハハ」
加藤先生は、黒也の心無い発言を注意したかと思えば、いきなり笑い声を上げた。
すると、それにつられてクラス中が笑い出す。
このクラスの担任は、生徒と共に僕の事を馬鹿にする様な腐った人間だ。
そうだ皆、僕が存在する事を許さない。確かに、生きていても何の役にも立たない僕は、消えるべきだよな。
僕も、神隠しか何か事件に巻き込まれてしまえば良いのに。
悲しくて苦しくて、今にも泣いてしまいそうだ。だけど、必死に涙を堪え、じっと耐えた。
しかし、どうして黒也は僕をいじめるのだろう。僕は、彼に何も悪い事をしていないのに。
黒也とは、小学生の頃から関わっていたけど……昔は、こんな奴じゃなかった。僕が困っていたら助けてくれたりする、良い奴だったのに。それなのに何故、彼は変わってしまったのだろう。

2021年9月4日公開

© 2021 Arisa_02

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"MARVELOUS ACCIDENT 未知の始まり"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る