うっせえわ

かきすて(第30話)

吉田柚葉

小説

1,925文字

いまごろうっせえわ聴きました。おっせえか。

夕やみがおりてきたとおもえばすぐに夜が来る。しごとのかえりにいつもの店に寄る。カウンターに坐る。マスターがおとおしを出す。三種類のチーズだ。それをつまんでいるとワインが出る。のむ。ほほが熱くなるのをかんじる。きょうの記憶がただよう。ひたいをゆかにつけたあの記憶がただよう。ネクタイがあごにふれたあの感覚がそっとゆれる。なにか厭なことがありましたか。マスターが問う。なにかをうしなった気がしますよ。おれはそうこたえてじぶんでじぶんのことばに虚をつかれる。店内はいつにもましてうすぐらい。音楽もながれていない。じぶんの音楽の趣味をお客さんにおしつけるのは厭だからだといつかマスターが言っていた。げんじつでたえず音楽がながれている空間などそうそうない。その非げんじつをもとめる気持が今のおれにはあった。なにか音楽をかけてくれませんか。そうおねがいしたらマスターは厭なかおをするだろうか。そんなことをかんがえながらグラスをながめた。白かった。おれが見たゆかも白かった。赤にすればよかったとおもった。白いゆかにひたいをつけてそれでことは収まった。あの男に見くだされてそれでことは収まった。よかったじゃないかと同僚のひとりは言った。ほんとよかったよとおれはこたえた。そんなふうにこたえなければよかった。あるいはことを収めなければよかった。いつかいい記憶になりますよ。マスターが言った。そうですかねとおれは言った。つよい反発をおぼえた。知りもしないのになぜそんな月なみなことを言うのか。知ったふうなことを言うまえになんでもよいから音楽をかけろ。そうおもいながらおれは白をのんだ。背後で鐘の音がした。客が入店してきたのだ。じみな女がおれのとなりに坐った。知らない女だ。なにかを話しかけてきた。会話はもりあがった。われわれはあびるほど酒をのんだ。女はつぶれておれは生きのこった。店がしまったのでふたりでホテルにとまった。目覚めるとまだ昨日の記憶が目のまえにあった。起きた。女が問うた。起きた。おれはこたえた。服をきてわれわれはホテルをでた。駅についた。じゃあ。そう言ってわれわれはわかれた。わかれたくなかった。だがわかれたくないとは言えなかった。なにも他人に強要したくなかった。駅のホームのゴミ箱にネクタイをすてた。意味のない行為だった。スーツもすてたかった。はだかで電車にのりたかった。電車にゆられながらスマートフォンで音楽をきいた。若者に媚びた歌だ。すぐに消してそとのけしきをながめた。ながめることしかできないのがにんげんだとおもった。マンションにかえってきた。部屋着にきがえてベッドによこになった。スマートフォンが音をたてた。手にとって見ると駅でわかれた女からメッセージがきていた。着きましたか? どこにも着いていない気がした。おれはやりとりをするのがめんどうでスマートフォンの電源を切った。頭から布団をかぶってしばらく目をつむったが眠気は来なかった。耳をすませても部屋にひとりだった。おれはまだ昨日に生きている。そうおもった。まだゆかにはりついて生きている。そうおもった。頭が痛かった。だが呑まなくてはならないとおもった。もう二日休むとまた会社に行かなくてはならない。だから呑まなくてはならないとおもった。冷蔵庫をひらいた。缶ビールが何本かあった。あとで買いに行こうとおもった。二日たって月曜日の朝になった。頭が痛かった。会社に行かなければいけないとおもったがからだがうごかなかった。会社を無断欠勤して一週間がたった。おれは心療内科の先生に言って診断書を書かせて休職した。ひと月の予定がふた月になっていよいよ明日が見えなかった。おれはうつでアルコール依存症ということになっていた。うつではないがアルコール依存症ではあるとおもっていた。心療内科の先生はおれにアルコール依存患者の会に出てみないかと提案した。経験を話せばよいと言われた。出る。おれはそうこたえた。会に行くと見たことのある女がいた。あの日駅でわかれた女だとすぐに気づいた。女もこっちに気づいたようだった。おれたちはかるく頭をさげた。会がはじまって女が話しはじめた。最初は毎日缶ビールを一本あけるだけだった。それが二本になり三本になり四本になった。今は一日に何本呑んでいるのかわからない。そんな話だった。会がおわって女が話しかけてきた。おたがいがんばりましょうね。おれはそう言って逃げた。マンションにかえるとまたスマートフォンに女からのメッセージがきていた。おまえはひどい男だ。そんなことが書かれていた。そうかもしれないとおもった。寝室の窓からそとをながめると夕やみがおりていた。つまりもうすぐ夜が来る。

2021年5月29日公開

作品集『かきすて』第30話 (全36話)

© 2021 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

リアリズム文学

"うっせえわ"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る