石油王とアタシ~石油王とパパ活したら5000兆円くれた件~

早川 ラララ

小説

1,279文字

JKしか勝たん。

アタシの名前は、さとみ。ママが石原さとみ超大好きで、石原さとみみたいに美人になって欲しいと願いを込めてつけた。そのおかげで、アタシはめっちゃ美人。

小学生のバレンタインの時は、クラスの男子にチロルチョコしかあげてないのに、メッゾピアノのハンカチやエンジェルブルーのぬいぐるみをお返しにくれた。ウケる。けど、いらなかったのでメルカリで売った。ジルスチュアートのリップの方が可愛いもんね。

中学生の時はテニス部に入っていたんだけど、毎日告白されてた。初おまんこは中一の夏、超イケメンの野球部の先輩。一緒に自転車で帰ってるときに、コンビニに寄ったらコンドームを買ってきやがって、よく店員売ったなーとは思ったんだけど、先輩は180cmでガタイが良くて色黒だったから、店員はビビったんだと思う。その後、先輩の家でおまんこしたんだけど、先輩のチンコめっちゃでかくてウケた。でも、でかいだけでおまんこは下手だったからすぐに別れた。

そして今、アタシは高校2年生。地元の高校は底辺すぎて草だったから、東京の高校に行った。そしたらアタシと同じくらいの美人がいっぱいいてビビった。でもすぐに仲良くなって、めっちゃタピオカ飲んだりしてた。新大久保でかき氷を食べたり、渋谷で服を買いまくったりもした。そしたらお金が無くなって、ヤバってなった。ママに言ったら、お小遣いは上げられないから我慢しなさいって言われた。マジか。じゃあ、おまんこして金を稼ぐしかねえなと思って、パパ活アプリでおまんこ屋を始めた。

とりあえず金を持っていそうな男に会ってみたけど、皆ハアハア言っててきもすぎてヤバかった。ウエーって思った。ヤッてる時も一ミリも気持ちよくなくて、でもアンアン声を出したら、「感じてるの? かわいいね」とかマジありえな。

そんな時に出会ったのが石油王だった。アプリに石油王が出てきた時は、めっちゃウケたんだけど会ったら、超イケメンだったし、執事っぽい人を連れてたし、これはガチだなって思った。アタシは制服を着ていたんだけど、高級ホテルのディナーに行くんだから、ドレスを買ってあげるよって言われて、叶姉妹が着てるみたいなドレスを買って貰った。石油王やばすぎ。お会計は執事の人が払ってた。自分では財布を持たないらしくて、なんでって思った。でも、ドレスめっちゃ可愛いからいいや。

アタシと石油王は東京の超高級ホテルの最上階のVIPルームでディナーを食べた。マジで高い料理しかなくてヤバって思った。とりあえず映える肉とかをアイフォンで撮ってたら、石油王が

「大丈夫? 超有名写真家を呼んで写真を撮ってもらおうか?」って言ってきた。さすがにヤバすぎて、結構ですって断ったら、「君は謙虚だね」とか! マジで石油王優しすぎ。

ディナーの後に、石油王が執事を呼んだから、どうしたのかなって思ったら、「今日はありがとう。御礼に5000兆円あげるよ」だって! 石油王! お前! ショッピングしてご飯を食べただけで5000兆円って神ぢゃん! つよつよのつよ!

でも、さすがにそれはごめんって思ったから、とりあえずおまんこした。

 

2020年10月6日公開

© 2020 早川 ラララ

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


2.5 (2件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ユーモア ライトノベル

"石油王とアタシ~石油王とパパ活したら5000兆円くれた件~"へのコメント 2

  • 投稿者 | 2020-10-08 08:04

    ジャンクフードのような内容が超絶かっこよくて、クールで面白かったです。こういうのどんどん書いてほしいです。かましていってもらいたいです。

    • 投稿者 | 2020-10-09 21:33

      コメントありがとうございます。
      めちゃくちゃ嬉しいです。

      著者
コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る