午前三時

麻美

小説

718文字

既婚子持ち女を愛する女の憂鬱、或いは自業自得。

誰かから奪ったものは誰かに奪われるというのはほんとうかしら。よその家庭から連れ去った女をさんざん啼かせたあとで、ぼんやり思った。

 

夜気が湿っていて、一雨来そうな予感がする。ふと、彼女の家のベランダに干されていたワイシャツがはためく画が見えた。たしかそばには、ちいさな娘のワンピースも揺れていたっけ。

洗面台で顔を洗って鏡を見たら、ずいぶん頬の赤い自分と目が合った。こんなにせつなそうな顔がまだできるものかと、少し照れくさくなる。二十八歳。そろそろ誕生日がやってくる。

今年は好きな女と過ごせるかもしれない。

洗面器に落ちていた長い長い栗色の毛を人差し指で巻き取ってゴミ箱に捨てた。

 

寝室に戻ると、さっきまでベッドに横たえていたはずの理緒が、身体に毛布を巻き付けてテレビを付けていた。液晶に照らされた肩がなめらかに光っている。

美しい骨のかたちを眺めていたら、性懲りもなくあの快楽が欲しくなり、やさしく背中を抱いてみたけれど、ニュースは不穏な色を映していた。

 

「スクールゾーンでトラックの居眠り運転事故。うちと同い年の子供が死んじゃったって。娘をこんなふうに亡くしたら、わたし立ち直れないわ」

両腿の乾かぬうちに、理緒の心はこうして家庭へと戻ってゆくのだった。

 

ふやけた指を持てあますわたしは、言葉の代わりになめらかな曲線に歯を立てる。母親の顔をした理緒は、わたしの聞きたい音色を聞かせてはくれない。

 

こうなることはわかっていたし、割り切っているつもりだった。はじめから報われない恋だとは。それなのにどうしてこんなに苦しい。

 

遠くで雨音が聞こえる。おやすみと呟いて、かたくまぶたを閉じた。

2020年3月1日公開

© 2020 麻美

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

レズビアン 官能

"午前三時"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る