縄文スタイル(エピローグ)

縄文スタイル(第8話)

波野發作

小説

978文字

ゴリゴリ君、ルネッサンス、縄文スタイル。

「ナカヨシ」

「はい」

 センパイの声がする。

 わたしはまどろみから這い出して、サンダルを探す。タオルケットがぐるぐるに巻き付いて苦しい。暑い。いつのまにかソファは直射日光を浴びていた。センパイは財布を手にすでに玄関ノブに手をかけていた。

「アイス買ってくるけど、いる?」

「いります」

「なに」

「ゴリゴリ君」

2019年11月15日公開

作品集『縄文スタイル』最終話 (全8話)

縄文スタイル

縄文スタイルは1話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 波野發作

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

サスペンス

"縄文スタイル(エピローグ)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る