豊胸するは我にあり

亀頭院性

小説

837文字

ー貧乳野郎M尾Y子に捧ぐー

ー全ての貧乳には捧げないー

M尾Y子本人から高評価を頂きました。作家冥利に尽きます。

緒方拳と三國連太郎が出てくる某映画のパロディ……………………..ではないです。

自分の年相応に垂れ下がった乳房をまじまじと見つめる。シャワーは、もう止めたが湯気が頬を濡らす。鏡には39歳の女性の姿がありありと映っていた。「はぁー、もともと小さいとはいえ、垂れてくると見栄えが悪いのよね。年齢には勝てないのかな」「いやいや、テレ旭の美魔女と言われる私が弱気になってどうする。」両頬を手の平で軽く叩く、「よし、明日も気合入れてこう」。そう一人ごちると風呂から上がって、冷蔵庫から缶ビールを取り出しに行った。寝室に入るとベッド横の引き出しユニットに置いたスマホにK瀬K太郎からメッセージが入っていた。ちょうど今さっき、3分前に着信があったようで、〇尾由〇子はほっと胸をなでおろした。「良かった。K太郎を待たせずに済む。」そう思いながら指を高速で画面上にフリックさせる。ーイタリアンのいいお店を見つけたから、今度一緒に行かない?ー手垢と〇美子の手汗で、保護フィルムの上に新たな層を作ってるスマホ上に、そうメッセージが浮かんでいた。「よっしゃ。」両肩を互いに寄せていき、極限まで寄せると小さくガッツポーズをした〇美子は、寝室の壁一面にくまなく貼ってあるK太郎の写真を凝視した。それは探偵社に依頼して盗撮した、K太郎の公私両面にわたる全身の写った顔もはっきり見える写真群だ。凝視しながら、〇美子は、数々のテレ旭アナウンサー、プロデューサー、ディレクターの体を舐めてきた独特の質感を持つ年季の入った舌を写真にはわせ、唾液をまんべんなく写真になすりつけた。「待っててー、K太郎さん全身なめつくしてあ・げ・る・からね💛」「すぐ射精させてあげるんだから。」端的に言って変態である。

薄暗いオレンジ色の照明が料理の色味を際立たせる。K太郎は、何かを一生懸命こちらに話しかけている。だが、出てきたデザートのケーキの上に描かれたイラストが気になって話が頭に入ってこない。それは、白地に水玉模様の入った体表に藍色の耳を持った犬がバイオリンを弾いているイラストだった。

 

2018年11月14日公開

© 2018 亀頭院性

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"豊胸するは我にあり"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る