瞑目トウキョウ

瞑目トウキョウ(第1話)

斧田小夜

小説

1,326文字

 序章

 

早春の濁りが喉の奥でざらついた音をたて、僕は焦って息を吐いた。

ドルル、ドルルと背後から不吉な音がする。不吉な音の正体はエンジンだ。軽トラックにのった父が僕を追いかけているのだ。妙な音を立てているのは、たぶん頭に血が登ってサイドギアをおろし忘れているからだろう。以前にあぜ道を追いかけられた時も同じ音がしていたと、僕は冷静に思った。

しかしいくら頭が冷静でも、逃げ場がなければしょうがない。しかも道は上り坂で、いくら僕が若いといっても、軽トラックと競争して勝てるわけはないのだった。有利なのは、身軽なことだけ――

ぐんぐんと音は近づいている。

このままでは跳ね飛ばされる。父なら――頭に血が上った今の父ならやりかねない。

そう思うった瞬間きゅっと頭の毛穴がすぼまり、髪の毛が逆立っているような錯覚をした。僕はカメラの肩紐をしっかりと握り、歯を食いしばった。

硬い金属のカメラがはね、急かすように僕の背中を叩いている。僕は顎をそらし、息を吸った。

「このまま走っとっても追いつかれる! あっこからのぼんぞ!」

僕の半歩前を走っていた筺原はこばら哲之のりゆきが声を荒らげて前方を指した。

彼の指差す方向、数メートル先、コンクリートで固めた土手の一部が崩れ、土が露出している。車が登れるだけの幅はなく、確かに少し時間が稼げそうだ。

しかし、僕は錯覚した。アスファルトが僕の足を引き止めるように粘度を増している。泥水の中を走っているように、足が重い。前に進まない。僕はしゃにむに腕をふり、歯を食いしばった。

口の中に血の味がする。この記憶はなにかと重なるような気がする。誰かと重なっているような気がする。僕はそれをどこかで知っていた。知っている。耳を澄ませば砲声が聞こえるような気がする。声を溶かす霧雨が肌を濡らしている気がする。闇の向こうでまたたく無数の銃口がみえる気がする。雨に濡れぼそり肌に張り付く布の感触が、胸の中までひたひたと埋める熱帯の空気が、湿気が、感じられる。鼻につく薬品の匂いも、どうどうと迫り来る地崩れの音も、今自分のすぐそばにあるように感ぜられる。僕は混乱した。記憶と現実が混乱している。今、僕が誰なのか、どこにいるのか、わからない。

わからない。

尾古おこぉ! はよせぇ!」

混迷を振り払い、地面を蹴れ、と僕は僕に命じた。足に集中しろ、とにかく走れ。今はそれだけに集中すればいい。逃げ切れることがなによりも大事なのだから。

だが足裏の向こうにある感触がアスファルトから土に変わったせいだろうか、僕は勢い余って前につんのめり、手を地面についた。手のひらに小石の角が刺さり、ぐっと枯葉のにおいが近くなる。しかし冷たい朝の空気が一斉に体の中に入ってきたおかげで視界が突然クリアになり、僕は我に返った。

僕は尾古おこ達久たつひさだ。父から逃げ、なにもかも捨ててこの土地から逃げようとしているしている。

逃げなければ。

ここから、逃げ切らなければ。

ぐ、と奥歯に力を込め、僕は前を睨んだ。

二十一世紀最初の春、僕はそんなふうにして出奔した。単なる家出がこんな大事になったのは、約百年前、曽祖父が養子に出されたせいである。

2016年4月30日公開

作品集『瞑目トウキョウ』第1話 (全13話)

瞑目トウキョウ

瞑目トウキョウは4話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2016 斧田小夜

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


4.0 (2件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ファンタジー 地方 旅立ち 日本

"瞑目トウキョウ"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る