タグ: 精神科学 8件

  1. ちっさめろん(3) ちっさめろん / 小説

    • 紙上大兄皇子
    • 1年前
    • 9,473文字

    異能者集団○者の一員である探索者は、組織の命で仲間であるシャイ谷を探す。やがてたどり着いたM沢病院には、幼い頃を共にした鼻頭が入院していた。シャイ谷の手がかりを知っているのは彼だけなのだが、どう…

  2. くずかごから酒場まで(9) くずかごから酒場まで / 小説

    • アサミ・ラムジフスキー
    • 4年前
    • 6,419文字

    つまりは象徴 楽園の探し方 ジョン・D・ボッツ 須賀美晴=訳   シンボライズの欲求――わたしはこの十年あまり住石彰の研究をしてきたが、彼の広汎に渡る活動はこの一言で表せるという結論に…

  3. くずかごから酒場まで(7) くずかごから酒場まで / 小説

    • アサミ・ラムジフスキー
    • 4年前
    • 4,242文字

    失われた酸素ボンベを探して 住石佑哉   父について書くのは、小学生以来のことになる。 三年生か四年生のときだったはずだ。お父さんについて作文を書いてきなさい、そう言った教師の顔が魚に…

  4. 指導層の歴史認識における絶対的断絶(2) 小説

    • 宇治茶
    • 6年前
    • 17,477文字

    行き場のない少年や浮浪者、フリーターたちが繰り広げる、悪意の歴史的な変貌を多視点にて描いた小説

  5. サイコサスペンス(4) サイコサスペンス / 小説

    • 月形与三郎
    • 7年前
    • 9,210文字

    女流作家を取り巻く絢爛でイカれた人々、中心を喪失した精神の罅の多重奏(ポリフォニー)――

  6. サイコサスペンス(3) サイコサスペンス / 小説

    • 月形与三郎
    • 7年前
    • 7,664文字

    女流作家を取り巻く絢爛でイカれた人々、中心を喪失した精神の罅の多重奏(ポリフォニー)――

  7. サイコサスペンス(1) サイコサスペンス / 小説

    • 月形与三郎
    • 7年前
    • 4,197文字

    女流作家を取り巻く絢爛でイカれた人々、中心を喪失した精神の罅の多重奏(ポリフォニー)――

  8. ゲシュタルト崩壊 小説

    • 柳澤仲次
    • 9年前
    • 6,297文字

    心理学用語で、全体性を持ったまとまりのある構造をゲシュタルトという。家から出たくてたまらない「俺」を襲う感覚がもたらすものは――「そうだ、アインシュタインは間違っている」