春角根屑になった日

春角根屑

エセー

270文字

根屑のような気持ちを持つ人がいると安心します。

完璧な人になりたい。

 

勉強をしました。

笑顔を振り撒きました。

周りの人を気にかけました。

頼まれたらすぐに引受けました。

できないことをできるように、

苦しい時は自分が成長する機会、

言い聞かせたのはそんな精神性。

 

「〇〇ちゃんは完璧だよね」

貴方はそう言いますけども

貴方のような可愛さは持ってない

貴方のような友達も

穏やかさも

純粋さも

 

「そんなことないよ」

あの言葉に返す最適解

ここに沈む羨みと嫉妬

どれだけ欲しがったことか

 

 

春を纏った貴方の角で

正しいふりした私は根屑

 

 

 

2021年8月27日公開

© 2021 春角根屑

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"春角根屑になった日"へのコメント 0

コメントは許可されてません。

このページのコメントはもう閉じられてしまいました。新たにコメントを書くことはできません。

作品に戻る