雨も木々もただ落ちつるばかり

アクアミュージアム

エセー

705文字

すれ違いは、本当に悲しい結末しか生みません。これは、そのはじまりです。

もう、1年経ってしまった。

あまりにも奥のことが身に起こり、消化不良を起こしていた私がようやく筆を執ってみようという心持になった。

SNSで激しい言葉を連ねて、避難をしていたが、文章を書きたいのならば、そんな風に書いてはならなかったのかもしれない。

 

どれほど、醜い現実も法で裁かれるものも美しさを見つけられる学問が文学のはずだった。

 

人が、誰かをずっと待ち続ける、部屋を整え、ピアノを買い曲を練習し、詩集をし恵部屋に飾るタペストリーを作り、花を買ってはずっと美しさが持つようにドライフラワーにして飾り、絵の具を買って絵をかき、料理に菓子と、私はずーっと待っていた。

 

現実は、夫と詐称した男の洗脳にかかり、部屋に盗聴器とカメラをつけられ監視されたうえ、家の近所の若い女といい中になりながら人をじろじろと見る下種な男だとしても、その話はもうこの場ではしない。

 

寂しくも、奇妙に幸福。何故なら尋ね人がいたからだ。そっと話しかけてくるその子。そのときは優しい子だった。監視されたうえに、女癖が悪く、嫉妬深い病的な男に軟禁状態でも、訪ねてれる子との話が私の心を平穏にしていた。不幸なのに幸せ、彼がついていてくれると(時々様子を見に来ていた)ぐっすりと眠れ私は安心していた。

 

そう思うと、とても悲しくなってくる。その男からうまく盗聴器の受信機を取り、どうにか私とつながっていた。物語の始まり、最後の結末をかけるかわからない。今日はここまで。

 

主の祈りが私の心を楽にする。

 

※この話がある種の物語であることはご理解ください。

2017年3月2日公開

© 2017 アクアミュージアム

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"雨も木々もただ落ちつるばかり"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る