これじゃ困るな

生きとし生けるものたちよ(第9話)

やまもと じゅん

エセー

431文字

図書館で最近の小学校の教科書が並んでいたから目を通した。
フルカラーだ。いまの子供は、レアなカラーページに授業が進んでテンションが上がるような事はないのだね。
個人的には、カラーページは鉛筆の書き込みが乗りにくい。
偉人に鼻血を吹かせたり、うんこを乗せたりする落書きや、ペラペラ漫画が映えにくいように思う。
困るなぁ…。

 

教科書でどのようにエンターテイメントするかは、僕を形成した大きな要素だったのではないか?
よりリアルで具体的なビジュアルは素晴らしいが、プアな表現は、想像や空想、妄想、素晴らしい勘違いの余地があって、子供のクリエイティビティを育むということはあるのかもしれない。
小説なんか、ビジュアル的にはかなりプアな表現手法だけど、そこに読み手が世界を構築できる。

 

と、いいながら、それは時代なりに正しい進化だ。いまの子供は塗り絵ができなくなった教科書に、さらに高次元のクリエイティブを発揮してるにちがいない。

2016年9月28日公開

作品集『生きとし生けるものたちよ』第9話 (全11話)

© 2016 やまもと じゅん

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


5.0 (1件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

散文

"これじゃ困るな"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る