多数=正しい ではない。選挙で惨敗した人の言葉である。
意思決定の本質をつく名言だと思う。
が、そもそも「正しい」は、どれだけ日本の未来を想っても、人それぞれ。
正義とは一つではないのだ。
意見の摩擦とは、双方が正義だと信じている事だからね。
そこで、正義とは多数決によって決めるというルールにしているのだよね。
そうゆうルールで負けたなら、少数派の正義として真摯に受け止めて次の行動を練るしかない。
しかるべき手順でルールを変えようとするのは良いと思うが、自分以外の正義を無視するとしたら、受け入れられるはずもないだろう。
信じるコトに導く難しさは、生活のあらゆるシーンで痛感するのだ。

2016年9月28日公開

作品集『生きとし生けるものたちよ』第8話 (全11話)

© 2016 やまもと じゅん

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


2.0 (1件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

自由詩

"正義とは"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る