基地外詩「なんでもない手段」 2016.3.17

Juan.B

728文字

※ 破滅派オリジナル作品。

草木が芽吹き桜が散る暖かな春のある日に

美しい木から首を吊り

 

メルヘンな動物たちや絵本から出てきた妖精が舞いそうな草原で

寝転び薬品を飲み二度と目覚めず

 

子供たちが金網にしがみ付き電車の系番を一生懸命母親に教える線路沿い

金網を越え今や減速出来ない鉄の塊に飛び込み

 

小学生の笑い声と大人の荒っぽい声と老人のあくびが混ざる白い団地の群れ

十階の踊り場は楽になるのにちょうど良かった

 

小便もウンコも気持ち良い公衆便所

小さな空間で今まで考えた事ないくらい物理と効率を追求して遂に逝く

 

 

良いじゃないか

それくらい

最後くらい

静かに

いやうるさくても良い

最後くらい

死ぬときくらい

 

 

「あなたの心配事は何?」

「夜眠れてる?」

「大切な命!」

 

そんな標語を横目に俺は駅のベンチで

かつて自らの手で自らの運命を決めたある混血の知り合いを思っていた

 

最後くらい

苦しまぬように

永遠に楽であるように

死後一切全てが都合の良い状態であるように

 

軍隊に人殺しを求めて腹を切った小説家の死には大いに涙して

何も求めないで死んだ人々は何でもないと言うのか

 

 

朝に目が覚めて

俺以外の皆が

並木道で線路でプールで学校で電線で

あらゆる地面と水中と物体の付近で

自殺していたとしても

 

楽であるように

俺もそして誰もがいずれ取るかも知れないなんでもない手段の為に

 

白くなった手でも

焼けたり膨張した手でも

若干腐敗した手でも

鉄道から飛んで来た手でも

握って祈っていよう

2016年3月17日公開

© 2016 Juan.B

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"基地外詩「なんでもない手段」 2016.3.17"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る