日常。(55)

日常。(第48話)

mina

小説

1,272文字

僕は彼女のことが大好きだった
だから彼女と逢うのにお金が必要だという真実を…僕は見ないようにしていたんだ
「あ…」
彼女に逢いにいく度、減っていく預金残高
今日でとうとうゼロになった
僕はしばらくATMのゼロの表示を見つめていた
「 … 」
解っていた、解っていたつもりだった
彼女からもらうアイが愛じゃないってことを
でも僕は彼女に恋をしていた
僕にとっては本当の愛…恋をしていたんだ

        ・           

彼とは相性が良かった
一緒に過す時間は仕事にならなかった
「あ…ソコすごく気持ちいい…」
「やっぱり」
「何で?」
「ん?」
「何で解るの?」
「んー俺もよくわかんないけど…何か解っちゃうんだよね」
「あっ…ソコもいい…」
好きになっていた、逢いに来てくれることが嬉しかった…お金なんていらなかった
「これやるよ」
「何これ?」
「カフスボタン」
「 ? 」
「片っぽ失くしちゃったからさ、もういらないんだけど捨てんのもったいなくて」
「あぁワイシャツの袖に付いてるヤツだ」
「そう、俺といつも一緒にいるみたいでいいだろ?」
「…うん」
「今度逢いに来るときまで大事に持っとけよ」
「 … 」
正直嬉しかった
彼と過ごした時間をお金に換算して、自分の財布にいれることがとても苦痛だった
私と彼のあいだにはお金がある…

         ・          

もう随分彼女と逢っていない気がする
でも僕の預金通帳は未だに残高ゼロ…
逢いたい
彼女に逢いたい

         ・          

「キミ、ものすごくエロいんだってね」
「え?」
「神崎から聞いたよ」
彼の名前だった
「ココが弱いんだろ?」
「あっ…」
「あとココも」
「んっ…!」
「いいねぇ」
彼は…この人に私のことを話していた
ドコがカンジるとか、ココがカンジるとか、ソコがカンジるとか話していた
「…神崎さんは私のことなんて話してたんですか?」
「…ものすごく淫乱な女だから、きっと気に入りますよって」
私は今すぐこの場から立ち去りたかった
彼じゃないこの男に触られているのがものすごく嫌だった
「 … 」
哀しかった、すごく

          ・

僕はパチンコ屋にいた
『勝て、勝て、勝て!』と念じていた
『逢いたい、逢いたい、逢いたい!』と念じていた
「来いっ!」
今日こそは彼女と逢うんだ!

         ・

「何か元気ないね?」
「…そうかな」
「何かあったの?」
「何もないよ…逢うのひさしぶりだよね?」
「うん、ちょっとね」
私は仕事に身が入らなかった
「逢えて嬉しいよ」
このお客様には悪いけど、そうやって抱きしめられても…
「僕と君は年齢差もあるし、間にお金があるかも知れない」
「 … 」
「でも僕は…君のことが大好きなんだ」
強く抱きしめられながら、そう言われた途端に私のカラダは反応して、彼との楽しかった時間がよみがえり…私はお客様の手を掴んで股間にあてた

                end      

2015年6月29日公開

作品集『日常。』第48話 (全70話)

© 2015 mina

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"日常。(55)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る