「深山の怪」第一回

妖怪妖(第7話)

消雲堂

小説

737文字

あれはいつだったかな?

昭和40年代だと思うんですが、営林署に勤めるA君から聞いた話です。

 

山奥に分け入る彼らの仕事は恐怖との戦いであるといいます。僕は彼らの仕事の内容に関しては全然知らないのですが、僕自身、山の中を想像しただけでも恐ろしいのです。だって、あなた、熊や毒蛇やスズメバチに山蛭に様々な毒虫…考えただけでも背筋が寒くなるじゃないですか? でもね、このように実体のあるものに関しては何らかの対策を講じることが可能ですが、実体のないものとなると対策を講じることができませんよね。

実体のないものとは何かって? それは幽霊とかお化けというやつですよ。

 

幽霊とかお化けってのは夜間に活動するものと思われていますが、昼なお暗い深山の中で彼らに出会うことは決して珍しくないそうです。目撃談の多くは山中で美しい女性に出遭うというものです。ただし、これは必ずといってよいほど女性は化け物なのです。

 

お化けってのは狐や狸によるものと思われがちですが、現実にはそんなことがあるはずがない。たいていは自分自身の意識の中に化け物を目撃する恐怖情報が混入して目撃してしまうようです。恐怖情報というのは子供の頃からテレビや映画や小説から蓄えられた非現実情報のことです。単なる思い込みから”見た気がする”というやつです。つまり幻視ですよ。

 

多くの目撃談を分析すれば自意識による幻視の場合が多いのですが、ごくまれに”そうではない”場合があります。

 

A君も”それ”を目撃した一人ですが、彼の話を聞けば聞くほど狐狸や自意識による幻想ではないようです。今からお話しますが、それはあなたの判断にお任せします。

 

2014年5月30日公開

作品集『妖怪妖』第7話 (全9話)

© 2014 消雲堂

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"「深山の怪」第一回"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る