日常。(71)

日常。(第64話)

mina

小説

1,471文字

気持ち悪い…何であのオヤジ、犬みたいにクンクン匂いを嗅いでくるんだろう
プレイ中私のカラダのありとあらゆる部分の匂いを嗅いでくるなんて…本当に気持ち悪いわ
私は時間が早く過ぎてくれないかなっていつも思ってた
だって本当にあの息づかいとか、ピチャピチャっていう音とか本当に嫌だし、カラダに何か気持ち悪い液体を何か気持ち悪い物体で塗りたくられてるみたいな…あの感覚…

気持ち悪い

「今日はねキミに見せたいモノがあるんだ」
「何?何を見せてくれるの?」
「まずはコレ」
そう言ってオヤジが見せてきたのは小さいダンボール箱に入った戦隊モノのフィギュアだった
「 … 」
その箱をおもむろに開けたオヤジは箱を私の鼻に押し付けてきた
「 んっ…!」
「ダンボールのさ、いい匂いがするだろ?この新しいダンボール箱の匂い…大好きなんだよね」
私は鼻にダンボール箱を押し付けられて、た
だ苦しいだけだった
「いい匂いだろ?」
「 … 」
うなずくしかなかった
ダンボール箱の匂いなんて正直どうでも良か
った
「次は、コレ!」
今度はフィギュアが入っているビニール袋を
鼻のところに押し付けられた
「このソフトビニールの匂いが堪らないだろう?」
私はもう限界だった
涙が出てきそうになったけど、堪えた
ココで泣いたら何だかこのオヤジに負けた気
がするから
「この匂い大好きなんだ、だからキミにも知って欲しかったんだ」
このオヤジは何を言ってるんだろうか、私は
もう帰りたかった
家に帰って、お気に入りの入浴剤を入れたお
風呂に入って…全て洗い流したかった
この鼻につく変な匂いたちを排除したかった
「でもね…僕が最近1番気に入ってる好きな匂いは…キミの匂いなんだ」
ゾッとした
「キミのカラダから匂う匂い…いや香りは素晴らしくて…いつまでも嗅いでいたくなっちゃうんだ」
そう言ってオヤジは私の右足の親指の爪の間
を舐めはじめた
丁寧に丁寧に何かを味わうように、指と爪の
間を…
「…そんなにいい匂いがするの?」
「うん、格別だよ」

気持ち悪い

「キミのカラダは本当にいい匂いがするんだ
 僕の宝物だよ」
足の指先の方からオヤジが這いつくばって来
る、ピチャピチャという音をたてながら
堪えられない、堪えられない…堪えられない
気持ち悪い…気持ち悪い、気持ち悪い!

オヤジが這いつくばった跡はどんなにカラダ
を洗っても消えなかった
更に今日は鼻の奥の方に無理矢理嗅がされた
ダンボール箱の匂いとソフトビニールの匂い
が残っていた
「何なのよ、もう…」
私はダンボール箱の匂いやソフトビニールの
匂いなんて嗅ぎたくなかったわよ
どんなに洗っても落ちない、あの感覚と感触
が私の中に残っている
「今日もたくさん舐めてあげるからね」
「 … 」
毎週、週に1回のペースでオヤジは私を指名
してくる
今日も出勤して店長にオヤジからの予約が入
ってるって聞いて、かなりテンションが下が
った
またあの地獄のような時間を過ごさなくちゃ
いけないのかと思うと嫌になる
「いただきまぁーす」
またこの息づかいとピチャピチャっていう音
ヌメヌメした液体と舌の感触…
「はぁ~落ち着く…やっぱりキミのカラダは最高だ…大好きだよ」
「 … 」
私は大嫌い
こんな気持ち悪いオヤジに好かれちゃうこん
なカラダなんて大嫌い
「…特にココの匂いが格別なんだよなぁ」
「…あっ…」
こんな気持ち悪いオヤジに舐められてカンジ
ちゃう私のカラダなんて…大嫌い

               end

2015年12月12日公開

作品集『日常。』第64話 (全70話)

© 2015 mina

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"日常。(71)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る