泥で建てた家(第3話)

長崎 朝

小説

4,308文字

変形の習作。靴べらの貸し出しはございません。

暗い通路の向こうから、おまえの足音が聞こえてきて、おれは身震いをする。

踵が笑っている。

ゴム手袋をはめた手で、背骨を愛撫されたみたいに、寒気が鈍い痛みになってのぼってくる。

 

おまえが近づいたぶんだけ、部屋は、細長く延びていく。

おまえは部屋の前を通り過ぎ、反対側に遠ざかる。

おまえが遠ざかったぶんだけ、部屋は、ぺちゃんこに潰れていく。

おれはじっと待っているのだ。

なのにおまえはちっとも立ち止まりやしない。

おまえはただの足音だ。

だけど世界を踏み潰せるくらいの足音だ。

もっとも、おれの知ってる世界なんて、壁に囲まれたこの部屋より広くはないんだが。その外にもまだ知らない世界があるってことを知ってるってことが重要じゃないか。

2019年8月29日公開

作品集『泥で建てた家』第3話 (全6話)

泥で建てた家

泥で建てた家の全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 長崎 朝

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

SF ミステリー ユーモア 純文学

"靴"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る