****年のフルーツボール(4)

****年のフルーツボール(第4話)

ほろほろ落花生

小説

6,166文字

四ツ野を求めてはるばる福井まで来たちくわと油田。海岸で出会った変なリーマンTarouと婆トメと意味不明のバトルに突入するも、なんとか勝利する。が、「四ツ野を埋めたの、俺っすよ」と、衝撃の告白をする油田。「完璧に終わってる中年」こと高橋ちくわは、どうする? ていうか、おまえの人生どうする?

対決

 

油田はちくわの頬を両手ではさみこんでゆさぶりながら咆えたけった。

「サイコーでしたよ。ちくわさん!」

ゆさぶりほとばしったちくわの返り血。その飛沫(しぶき)をちゅるりと舐めてくちびるはぬらぬら光り、吐き散らす血の混じったあぶく状唾液をつるつるしたたらせる油田はもはや完全にモンスター。

「ほれあ」

なにがなんだかわからぬままちくわは反射的にヘッドバッドを一発くらわせてから横っ飛びに吹っ飛んで油田から距離をとった。

「うぉいちょいまてまて。どういうことだおい」

いきなりのヘッドバッドは予想外だったか、それでも油田は余裕のペコちゃんスマイルを崩さずにへらへら笑ってよいこらせいとあぐらをかいた。へにゃった男根はそのままに全裸でちくわを見据えている。よく見ればなかなかの筋肉質の男であり、目玉も黒ずんだ乳首もつんつんしている。

「どういうことだっていわれてもこういうことですよ。いくらオレがアホでもさすがにこんなトコロまでひょろひょろついてくるはずないじゃないスか。いい加減にジョーシキ、ゆうやつを身につけるべきですね。ともかくサイコーの気分でしたよ」

「おいまて。お前さっき埋めたって言ったな。お前が四ッ野を埋めたのか」

「そうっスね。オレが四ッ野を埋めたんスね」

「埋めたっていってもいろいろあるだろ。こういうTarouやトメみたいな埋め方だったのかよ」

「ちくわさん。こんなトコまで来て、ちくわってる場合じゃないっスよ。こんな生っちょろい埋め方してどうすんですか。思いっきり息の根トメルご臨終系コースで埋めさせて頂きました。ごっつぁんです」

油田は合掌した。

「ははは。なぁ。ここらでしょうもないネタはやめようぜ。こんな妙ちくりんな砂浜でお前は全裸でおれ達は金もないし血まみれでふらついてるし、おれの名前はちくわだし。やっとこさ埋めたトメは穴から這い出しそうだし、もうじゅうぶん。おなかいっぱいだ」

「いやー、オレとしてもネタだったらいいんスけどね。どっこい事実は動かざるもの。そろそろオレとしてもこういうちくわ的な漫遊紀は終わりにしようと思ってたんスよ。中ボス二人も片付けたって感じで、ちょうどいい頃合じゃないスか。じゃあこれでもどうぞ。はいよと」

油田が放り投げ、ちくわのぷっくら下腹にぽむりとあたって砂上に落ちたは、ちくわと四ッ野がまだ知り合ったばかりの頃、さゆりんに捧げる「毛の誓い」として互いのケツ毛で交互に縫いこんださゆりんの肖像が収められたロケットだった。二人は命果つるまでこのおそろいのロケットを肌身離さず持っていることを誓いあったのだった。ふざけていたちくわもこれを見てちくわなりに本気になってきたらしい。

「オニクのコアが発熱しはじめている」

2007年6月10日公開

作品集『****年のフルーツボール』第4話 (全6話)

****年のフルーツボール

****年のフルーツボールは2話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2007 ほろほろ落花生

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ひきこもり ロリ ヲタク 中年

"****年のフルーツボール(4)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る