タグ: グルメ 5件

  1. 最古の晩餐 断層をめぐる断想 上限のない電波塔 / エセー

    • アサミ・ラムジフスキー
    • 2年前
    • 9,442文字

    2011年11月、紙の『破滅派』8号に掲載されたエセーの改稿。震災から5か月後の東北を訪れた際のエピソードと、それに関していたり関していなかったりする四方山話を綴ったもの。

  2. 破れた本の読みかた 上限のない電波塔 / エセー

    • アサミ・ラムジフスキー
    • 2年前
    • 6,006文字

    2012年5月にフリーマガジン『Inside Out』vol.8誌上で発表した、The Booksの解散について書いたエセーです。わずかに加筆修正。

  3. 東京ダック 光源のない走馬燈 / 小説

    • アサミ・ラムジフスキー
    • 2年前
    • 9,872文字

    人はなぜ働き、なぜ食べるのか。なぜ食べはじめると、止まらないのか。 2008年、当時懇意にしていた慶應大学の学生たちが発刊した『孑孑(ぼうふら)』という批評誌のために「醜い填鴨の子 (i’…

  4. くずかごから酒場まで(8) くずかごから酒場まで / 小説

    • アサミ・ラムジフスキー
    • 4年前
    • 5,922文字

    「人物なんかより、スパイスを描きたいんです」 近代カレーライス贋論 近藤幹男   住石の処女小説「現代カレーライス試論」は、発表当時、ポストモダニズムの文脈でしか語られなかった。物語性…

  5. 佐々木、愛なのか?(7) 佐々木、愛なのか? / 小説

    • 青井橘
    • 5年前
    • 4,148文字

    夕闇を過ぎ、暗くなった部屋の中で、ビデオデッキにテープを入れる。古いアニメシリーズの再放送を録画したビデオテープも、牧夫の置いていったモノだった。けれど佐々木晴男は、このテープだけは繰り返し何度…