夕陽

人間賛歌(第13話)

山雪翔太

120文字

思春期の気持ちって、自分で抑えきれなくて、でも矛盾が押し寄せて。とても辛いんですよね。

夕陽時の静けさは
暖かくて、冷たくて、身に染みる。
僕は一体なんだろう?
やさしさかな 怒りかな
好きな人には優しくしたい
嫌いな人には冷たくしたい
勝手な僕はなんだろう?
夕陽がこの気分を溶かしてしまえば
夜にはそれがまた凍りついて
そしてそれの繰りかえし。

2023年1月18日公開

作品集『人間賛歌』第13話 (全38話)

© 2023 山雪翔太

読み終えたらレビューしてください

この作品のタグ

著者

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

"夕陽"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る