人間賛歌(第15話)

山雪翔太

179文字

この世の全てに道はある。道と思えば道となる。

 目的という光が消えてしまえば
 新たな道が見つかってくる
 支え人が消えてしまえば
 孤独に生きる道が見つかってくる
 人でなくなってしまえば
 人ならざるものとして生きる道が見つかってくる
 人は
 自分の目の前にしか進む道がないと
 思う事がある
 でもそれは違う
 人が通ればそれは道となる
 イバラの道も道なのだ
 道を進めば
 人は希望が見つかる
 そういうものだ
 だからこの地球全てが
 道なのだ
 道であるのだ

2023年3月23日公開

作品集『人間賛歌』第15話 (全44話)

© 2023 山雪翔太

読み終えたらレビューしてください

この作品のタグ

著者

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

"道"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る