喪失

桐山キリコ

669文字

壊れてく

空もベンチも街路樹も

愛したあなたの墓標と共に

 

泡のよに

ぱちり弾けてきえてゆく

さみしい恋にさよならをする

 

捨ててきた

命のかけらを掻き集め

きみに会うまで生きなきゃと決めた

 

「行かないで」と

あの時あなたに言えたなら

今でも傍にいてくれたかしら

 

命より

大切な君を亡くしたのに

死ねない僕を軽蔑するかい?

 

もう二度と

恋などしないと誓うたび

なぜか最初の彼を思う

 

一度くらい

フラれたからって人生は

終わらないから大丈夫

 

嗚呼もしも

この恋が叶わないならば

人魚姫のよに泡になりたい

 

報われない

物語のよな恋をして

馬鹿馬鹿しさにため息を吐く

 

淡々と

別れを告げるその声さえ

好きだと思う自分を笑う

 

サヨナラと

笑って離れるのは平気

諦めるのなんて慣れっこだもの

 

昨日から

意味をなくした指輪はずし

ゴメンねといいゴミに捨てる

 

離れてく

喪失の虚像ニセモノの

やさしい微笑がぼくを壊す

 

大切な記憶は

ぜんぶ置き去りに

生きる為には重すぎるのだ

 

「あなただれ?」

きみはすべてを忘却し

世界をみんな透明にした

 

手のひらから

零れていった大切な人の数を

かぞえて眠る

 

うつくしき

夜空にからだを投げ出して

幾万の星に紛れてきえる

 

夢のよに

きえていった愛情は

いつか星になれるのか知ら

2012年2月13日公開

© 2012 桐山キリコ

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

短歌

"喪失"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る