おうち時間

かきすて(第39話)

吉田柚葉

小説

2,001文字

矢井田瞳が好きでしたが、久しぶりに見ると流石に裸足で歌うのはやめてました。

やることがないのでもちばかりたべていた。しょうがつとはそんなものだ。年末にみんなで御所につよめの結界をはっておいたので、三が日くらいは出動するひつようがないとおもう。

ちょっとかぜっぽかった。きんちょうのいとがきれたせいだろう。なに、ただのかぜだ。

山岸から、新年あけましておめでとうという念波がおくられてきた。いまさらである。めんどうなのでむししていたら、こんどは荒谷から同様の内容の念波がおくられてきた。これ以上受信するとふゆかいなので、そこいら一帯にかるい結界をはって、こたつでうたたねをした。

めざめると、からだがあつかった。ばかをしたとおもった。寝室にいって、ベッドでよこになった。頭痛がした。しかしはんぱにねむってしまったせいか、目がさえてしかたなかった。アストラル体を解放した。からだがらくになるまでこのままでいることにした。

去年は、ことに物理的な戦闘がおおかった。にんげんせかいにおける金融マフィアたちのおこないが目にあまったためだ。あれだけの量のくびを狩ったことはここ百年でも類を見ない。

それでおもったが、いくら日本製でも、ナイフはナイフである。すぐに刃がだめになる。ことしもおなじことがつづくのであれば、くびのほねをへし折るだけでよしとすることを、上の連中に提案してもよいかもしれない。ナイフ代などたいした金ではないが、つもれば山となる。長老たちは、そのあたりのことをあまくみつもりすぎなのだ。

2022年1月15日公開

作品集『かきすて』第39話 (全40話)

かきすて

かきすては2話、14話、24話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2022 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

SF ライトノベル

"おうち時間"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る