夏の風

かくおとこ(第12話)

吉田柚葉

小説

2,375文字

スマホを新しくしました。動作スイスイで、まじウキウキです。

何も書けぬまま夏をむかえた。

 前期の講義がおわり、週と週の境目を判断する指標がなくなった。小説の執筆は消閑の具だとわりきるようにしたが、上手くはいかず、起きている時間を殺伐としたものにするだけだとさとり、ついに原稿用紙をかたしてしまった。それからは、起きている時間を起きているだけでやりすごした。

 暑くて眠れない日ばかりだった。

 ふとしたとき、熱気に淡くけむるくらやみの中で目をこらすと、小説になりそうな妄想がそこいらを揺曳していることに気づく。机の引出にかたした原稿用紙に心がむくが、それが贋物であることは明々白々なので、顔のちかくで羽音を立てる蚊といっしょに、手でおいはらった。が、おいはらっておいはらえるものではない。妄想はアルコールで焼きはらい、蚊には刺されるままにまかせた。皮膚の腫れたところの痒みは、熱気にあばれ、夜はたとしえもなく長いが、朝が来るのはまばたきをする間だった。

 ある日の早朝、一ヵ月ぶりくらいに家のポストを確認すると、長4の茶封筒が入っていた。差出人の名前におぼえはなかったが、女性の名前であった。

 書斎でそれをひらいた。中には、便箋が五枚、おさまっていた。

 ひらくと、妙にかたちの悪い字が目にとびこんできた。一瞬、じぶんの字かと思った。じぶんでじぶんに手紙を送る。それも、女の名前で……、と考えると、そんな風にしてはじまる、ねばり強ささえあれば書きあげることが出来るであろう一篇の短編小説を、ここではないどこかの次元の私が、すでにものしていることに気づくのであった。それをこちらの次元にたぐりよせてこちらの次元の言葉に翻訳すれば良いのだというあまい声がする。耳もとでささやく。私はそれにあがらう。

2020年1月26日公開

作品集『かくおとこ』第12話 (全14話)

かくおとこ

かくおとこは1話、2話を無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2020 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

リアリズム文学 純文学

"夏の風"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る