絶滅者 41

絶滅者 ー「わたし」と「ワタシ」ー(第41話)

hongoumasato

小説

944文字

清彦が語る人類絶滅計画。
それは「ワタシ」にとって、虫唾が走るものだった。
ついに我慢の限界を超えた「ワタシ」。
自分の娘を殺す決心をつけた清彦。

互いの刃が、殺意をもって交錯する・・・

「君はいずれ、家族の関係者以外にも破壊を行う。海外でも行う。日本人の君がね。当然、各国は、日本が宣戦布告したと考える。外交の基本・カウンターアタックが始まるが、その頃は日本も戦える軍隊を持っている。そしてどうなるか……始まるんだ、第三次世界大戦が。最終的に大戦は、核の応酬による泥沼に突入する。その結果……」

 

続きは聞きたくなかった。

 

考えたくなかった。

 

静かに自分に言い聞かせる――「ワタシの望みは、家族と静かに幸せに暮らすこと」。

 

それだけが望み。

 

それだけでいい。

 

そしてそのためには、母をあの忌々しい場所から解放せねば。

 

そのために、目の前の爬虫類男を破壊する!

 

 

「アンタが言うところのワタシ“担当”の怪物がね、核破壊は無いと言ってたわ。何でも核で破壊すると、地球が痛み過ぎるとか……」

 

「人類絶滅を全て核で行うとは、誰も言っていないと思うけどな」

 

ワタシの発言を、苦笑まじりに清彦が遮る。

 

「君タイプの絶滅者が、核のボタンを押した者を許さずに皆殺しにするんだよ。で、残った人間達を、私タイプの絶滅者が皆殺しにする。効率がいいよね」

 

残酷極まりないのに、飄々と話す清彦。

 

ワタシはもう、我慢の限界。

 

「効率? 一番効率がいいのは、アンタみたいな奴を“否定”することよ」

 

ワタシが睨みつけても、清彦の顔から苦笑は消えない。

 

「やれやれ。共闘できると考えてたけど。自分の娘を手にかけるのは、気が進まないね。けど、他の者に破壊されるよりマシかな。一つ、安心していいよ。戦いが延々続くことはないから。絶滅者に負わされた傷は、再生されないからね」

 

朗報。

 

これ以上、話すことは無い。

 

話すつもりもない。

 

最早、破壊するのみ。

 

一瞬、ワタシと清彦の視線が絡んだ。

 

直後ー―ワタシと清彦は、互いに斬りかかった。

 

絶滅者同士の戦いは熾烈を極めた。

 

圧倒された初老管理人が、あんぐりと口を開けている。

 

散弾銃を、だらしなくぶら下げながら。

2019年2月23日公開

作品集『絶滅者 ー「わたし」と「ワタシ」ー』第41話 (全46話)

© 2019 hongoumasato

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ホラー

"絶滅者 41"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る