チンポと絵が嫌いだから、就職できない。 第1章 (1)

チンポと絵が嫌いだから、就職できない。(第2話)

工藤 はじめ

小説

958文字

電子書籍化をするかどうか検討しているので、途中まで公開。

可愛がられた子というのは健全に生育するものだが、困ったもので、幼稚園児になった智香は絵を全く描かない子供だった。

展覧会で貼り出すからと、遠足の思い出を画用紙に描きましょうと言われましても、特に描きたいことなんかないし、そうだらけていたが、周りの園児たちがせっせと絵を描き始めたことに泡を食った。

クレヨンの、丸く可憐に尖った先端の形を何とか残しておきたくて、使いたくない。だったらせめて一番汚い色の茶色を使おうと、しかもわたしの好きな先端ではなくクレヨンのお尻の方を使おうと、右手に握るも、何を描いてよいのか判りませんし、絵というのはどうやって描けばいいのやら、このまま時間だけが経過すれば幼稚園児だしどうにかなるかもしれません。

「智香ちゃんの絵はみんなより少ないんですよ」

展覧会の日、智香と手を繋いで歩いていた母のところに、担任の先生が、飼い主を友達だと思っている無邪気な愛犬のように寄ってきて、砕けた調子の声で心憎く説明し、母は虚ろに他の子の絵を眺めていた。口は閉じたままだ。

「智香ちゃんはね、人はそれぞれ成長の速度は違うんです、でも一枚は描き上げたんです」

唯一完成した智香の絵は、貼り絵というジャンルのもので、先生が丁寧に黒マジックで蟹さんの輪郭を描き、その内部に赤、黄、青、緑のセロハンを、智香が鋏で大きめに雑駁(ざっぱく)に切り、糊で貼ったものだ。

蟹さんを母は見つめる。節に隙間がなく飛び出しもない黒い輪郭の精巧さを、その黒い部分だけを、見つめる。

赤、黄、青、緑を眼に映し、色の残像を少々ぼやけさせて、智香は言った。

「お母さん、わたし、頑張って書いたんだよ」

母は、智香、先生、智香、と視線を移す。唇は動かない。表情も動かない。

「わたしね、頑張ってね、絵描こうとしたんだよ。でも描けなかったの」

蟹さんの絵、他の子の絵、蟹さんの絵と、母は首を動かして、ぽとんと言った。

「お前は駄目だね」

目を上下の皮膚で握り締め、便所へと、個室へと智香は逃げた。辛うじて薄目は開けていたのだろう。

理不尽なことに幼稚園の便所の個室の壁は、先生が外から中を覗けるように低く造られており、ときどき男子が取っ手に足をかけて、個室内の排泄の様子を観察してきたものだが、現在において、その壁の上から、母が顔を出してきた。

「お前、お腹痛いの?」

2016年5月17日公開

作品集『チンポと絵が嫌いだから、就職できない。』最新話 (全2話)

© 2016 工藤 はじめ

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

リアリズム文学 私小説 純文学

"チンポと絵が嫌いだから、就職できない。 第1章 (1)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る