《必読》同じ名称の小説について

工藤 はじめ

エセー

486文字

私の小説を読むときの注意事項です。恐れ入ります。

ネットに小説を掲載した経験がなく、ノウハウがない上、破滅派の投稿システムに不慣れなため、大変読みづらい小説を掲載してしまって、申し訳ありません。

 

3万字くらいを一気に……。文庫本にしたら60ページくらいですが、何せ若気の至りで文章に熱量がこもり過ぎ、よくよく考えたら作者の私でも読むのに2、3時間はかかるなあ、と気付きました。

 

なので、新しく『熱意って何? (少しずつ読めるバージョン)』を連載で始めます。内容は以前のものとほとんど同じですが、わかりづらい部分を多少読みやすく改変しています。

 

お仕事のお昼休みにでも、手軽に読めるというのを考えて。

 

(以前のものは、文芸評論を相当読み込んでないと難しかったかもしれません。某有名文芸誌の一次選考で選考した人も、こんな拷問のような小説をよく通したなあ)

 

以前の一気に3万字バージョン(鬼畜すぎる)も残しておきますので、難易度が高いのを読みたい方はそちらで。

 

 

PS 私のところには、お気軽に駄弁りに来て下さいね★

 

2016年4月24日公開

© 2016 工藤 はじめ

読み終えたらレビューしてください

この作者の最新作

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"《必読》同じ名称の小説について"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る