マッチングアプリ日誌6

おしゃれなコケシ

エセー

2,177文字

コケシが45歳でマッチングアプリ彼氏を作るまでの記録
―〇アーズに登録。プロフィール文を考える―

プロフィールの自由記載欄を作成するにあたり、コケシはPが掲載している模範プロフィールを閲覧してみた。何を書いていいか分からない登録者のために、見本が何パターンか掲載されているのだ。プロフィールが空欄の登録者が多いとサクラっぽく見えるので、なるべく何か記入して欲しいのだろう。実在の人物を了承の上で掲載しているのか全く架空のモデルなのか分からないが、写真付きで数人分が見られるようになっており要約すると以下のようなものだった。
「長くお付き合いしていた人と、最近別れてしまいました(悲しい顔の絵文字)職場と家の往復で出会いがないので登録しました。おいしいものを一緒に食べたり、楽しい時間が過ごせる方と出会えるといいな(ハートマーク)」

「しょうもなっ」自分が男ならこんなしょうもないプロフィールの女とはご飯を食べに行かない、とコケシは思った。無個性なのである。無個性なプロフィールが並んでいたら、あとは顔勝負ということになるのではないか。食事をしながら「この子は無個性で特筆すべきところはないけど可愛いからいいかあ」と思うしかないのではないか。Pはそれを推奨しているのだろうか。ひとしきり憤った後コケシは冷静に考えた。無個性の方が多くをすくい取れるのかもしれないと。コケシは頭の中で男が詰まった鍋と、自分の手にあるお玉を想像した。すくえる男の数量は年齢・顔面・スタイル・職業等のスペックにより変わってくるが、女各々の最大限がお玉100%とする。そこに自分の趣味を記載する、例えばアニメ、釣り、スキューバダイビング、BTS、USJ、MCU、ディズニー、ゴルフ、何でもいいが個性を表示すれば、その趣味には合わせられないと思う者は門前で引き返すだろう。しかし個性を一切消せば限りなく全員が門を通過することができ、自分のスペック100%お玉で男をすくえるのかもしれない。

しかし万人受けするプロフィールで多くをすくいとるべきなのだろうか。たくさん拾って好みの者を選別するより、自分に合う者のみを最初からふるいにかけた方が効率がいいのではないか。現実世界で男性に出会ったとして、例えばバーで。彼が、既婚か未婚か離婚後の独身か、恋人はいるか、子どもはいるか、今誰かと付き合う気があるか、休みは合うか、結婚したいか、子どもは欲しいか、などは話を進めていかないと聞き出せない情報だ。しかしマッチングアプリならそれらの情報はすでに本人が申告してくれている。それらを活用し、あらかじめソートして少数精鋭にする。それがビバ、ネット社会。他にいい人がいたのでごめんなさいもマッチングアプリなら当たり前だし、自分自身ではなく分身として作ったプロフィールが振られただけなので傷つきにくい。コケシは開き直ってとことん自分に有利なプロフィール文を作ることにした。

 

ご飯友達が欲しいです!

※1

 

私の都合のいい曜日・時間は……

月曜日と火曜日のランチ 難波あたりで

土曜日の夜 神戸三宮が希望

※2

 

嫌いな食べ物は揚げ物、ラーメン、脂身

好きな食べ物はお寿司、魚、赤身肉

初回はおごってもらいたいです(ハートマーク)

※3

 

それでは解説していこう。

※1 気楽な関係性をアピールすることにより、すぐに結婚相手を欲している者を排除

※2 コケシは現在サービス業に従事しているため、確実に休めるのが月曜日と火曜日なのだ。この休みに合わせてデート出来るのは、同じく月火が休みの勤務形態の者。もしくは昼間ある程度の自由がきく自営業の者を狙っていく。カレンダー通り土日が休みで、彼女が出来たら一緒にキャンプに連れていきたい者などは排除。ただ、平日昼間のみの応対だと既婚を隠した人妻と変わらないし、夜デートしたい者もいるだろうから土曜夜もオープンにしておいた。

※3 気が合うかなんてメッセージで測れないと考えるコケシは、会うことを重視していた。コケシの都合のいい時間に食べたい物を食べさせてくれると言うならば、やり取りせずすぐに会うつもりだ。よって、先方に効率がいいように食べ物の好みを明示しておいた。初回はおごりでないと行かないとコケシは決めていた。知らない男女が会う場合、リスクは圧倒的に女の方が大きい。もちろん店などオープンスペースでしか会わないが、それでも暴力や脅迫で被害に遭う可能性はある。リスクを負って知らない男に会うのに経済的損失まで負担するなら、家で寝ていた方がましだ。「我ながら高飛車なプロフィールになったわ」Pにはデート代に関する質問項目もある。「デート代を男性が払う、男性が多めに払う、割り勘にする、相手と相談する」と選んで表示できるようになっているのだ。なんという身もふたもない明朗会計だろうか。ネット上では男がおごった方が良いか論争に結論が出ないが、ジェンダーギャップ指数116位とは言え昔に比べれば男女格差が薄れ個人格差が広がっている現在、ケースバイケースで結論が出ないのは当たり前だとコケシは思っている。ただ最初から割り勘OKにしてしまうと経済的に不安定な者を引き当ててしまい、最終的に自分の金を使われてしまう未来が見えたのであえて高飛車キャラで行ってみることにした。こんなプロフィールでイイネは来るのだろうか。

 

つづく

 

前の話を読む

次の話を読む

2022年7月29日公開

© 2022 おしゃれなコケシ

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

"マッチングアプリ日誌6"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る