祈り

千葉 健介

461文字

心から放り出した大切な言葉たちです。目に入れるのは少し痛いです。

ちょうど薄花色の部屋に、縄で作った大天使の輪が降りる。輪の内側には手招きする温かな泥。それは居間のこたつであり、寝室の布団であるということをぼくは知っている。瞼をゆっくりと下ろすと、それまでの祈りの日々が映写機によって目の前に映し出された。

確信のない希望の祈り。

空虚であることを知った上での脱出の為の祈り。

無関心を装う静かなる祈り。

可視化された音のない言葉を拒絶する祈り。

倒壊寸前の隣人の祈り。

結局のところ他人でしかないことを受容する祈り。

「見えていないんじゃない、見ていないんだ。見ればわかるんだからね」

それは真実ではない!見えない祈りが意味を持たないのなら、見える祈りにどれほどの価値があるだろうか。見てもわからない者の祈りが意味を持たないのなら、見ればわかる者の祈りにどれほどの価値があるだろうか。岩肌に塗りつけた血の祈りを想像する。漆黒のインク溜まりに身を沈める祈りを想像する。

窓辺に小坊主を吊るした。

「明日天気になあれ」

来るはずのない明日の天気を案ずる祈り。祈りが終われば眠くなるので、ぼくは床につくことにした。

2019年9月23日公開

© 2019 千葉 健介

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

散文詩

"祈り"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る