十個数えて次へ

千葉 健介

209文字

耳を澄ませ。耳を澄ませ。耳を棲ませ。耳を済ませ。

乖離してゆく。心があ

ちらへ、躰があちらへ

。耳を澄ませば、息づ

く者たちの声が聞こえ

る。決して内容はわか

らないけれど、ただ、

意味もなく反響する音

たち。ぼくが放つ歪な

音たちは、きみたちと

仲良くできるかな?お

つかいを頼めるかな?

もう、やめにしよう。そ

ういう音が内側をぺろ

りと通る。歩いていれ

ば鳥は唄うし花は着

飾る、人は……。その

答えの先にぼくはい

けるだろうか。蝉の声

は聞こえなくなった。

おなじく。耳を。澄ま

せば。きっとそうさ。

2019年9月16日公開

© 2019 千葉 健介

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

散文詩

"十個数えて次へ"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る