Adan #78

Adan(第78話)

e.s.

小説

1,006文字

ティルト・シフト・グラス〈5〉

そう、僕とむつきは血だらけだったんだ。どうしてかというと、ふたりともころんで頭を打ったのさ。僕は後頭部を、一方のむつきはせりだしてる自慢のその前頭部を。僕がころんだ理由はアクションカメラでむつきを撮影しながら歩いていたからで、むつきがころんだ理由は単にイキがったから。高尾山にのぼるまえ彼女は僕にこう言ったんだ。「ずっとしゃべってて亜男。私にふれないで」って。僕はむつきのそれを受けいれ守りとおした。それゆえむつきは銃を自身のこめかみにあてたエマ・ゴンザレスのイラストがプリントしてある白いダウンジャケットを血で赤く染めることになり、僕のほうはメンガーのスポンジのイメージがプリントされた赤いチェスターコートを血で赤く染めなおすことになっちゃったとまあそういうわけ。

 

頭も怪我したしのぼりで一時間くらい歩いたしで僕はもうへろへろだった。ふもとからケーブルカーで山の中腹までいってそこから歩きはじめ、おまけにあらかた舗装されたとこをのぼってきたんだけどさ、僕はもう動きたくなかった。僕はてっぺんにとどまっていたかった。くだりたくなかった。

 

「ずいぶん遠いね。元来どこからくだるんだい?」

 

むつきが下山するって言ったとき僕は彼女にそう尋ねてみた。するとむつきは僕にこう問い返したんだ。

 

山頂ここからケーブルカーでふもとまで行けないんだっけ?」

 

むつきも相当まいってたみたい。だけど不親切なことに山頂とふもとをむすぶケーブルカーは走っていなかった。したがって僕らふたりはのぼってきたルートをひきかえすという判断をくだした、なくなくね。もちろんゴールはふもとではなく中腹にあるケーブルカー乗り場さ。

 

下山しはじめてまもなくむつきはまたころんだ。彼女はハイヒールを履いていた。つまりむつきは転倒するための大きな可能性をひといちばい秘めていた。そのときのむつきのかかとの高さは彼女のうぬぼれの強さを悲しいほど如実にあらわしていたように思う。高尾山はミシュランガイド三ツ星観光地だけあってその日も多くの登山者がいたけど、ハイヒールを履いて転倒したむつきに手をさしのべる人はいなかった。みんな見て見ぬふり。彼女に声をかけてあげたのは僕だけだった。ころんでうずくまっているむつきの頭頂部に向かって僕はこう言ったんだ。

 

「舗装された道でコケると痛いだろう、むつき」

2021年9月4日公開

作品集『Adan』第78話 (全79話)

© 2021 e.s.

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ユーモア

"Adan #78"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る