Adan #76

Adan(第76話)

e.s.

小説

1,174文字

ティルト・シフト・グラス〈3〉

うづきおばさんは微笑した。「ママはあなたの存在価値レーゾンデートルが目をつぶっても認識できるわ、むつき。作りものよ」とむつきを産んだうづきおばさんはそう言ってハロのプロフェッサー・アーム・チェアに腰掛けた。

 

「裏の裏は表。ゆえに作りものの作りものは作りものじゃないってほざくんならむつき、君のその理論は作りもの以外のなにものでもないよ。現に僕の目には君の姿が作りものに見えるもん」とティルト・シフト・グラスをかけていた僕はむつきにそう言ってサイドテーブル(おなじくハロの)を一瞥した。そのサイドテーブルにはシャンプーハットをかぶった三十二面体の地球儀が置いてあった。

 

「作りものに見えようが緑色に見えようがそんなことどうだっていい」とむつきは言った。「正確な作為のにおいを感受しやすくしただけ。かわいい皮肉よ。ティルト・シフト・グラスのおもしろいところはオン/オフ・スイッチ。どっちがオンでどっちがオフか無論それもまたどうでもよくって、とにかくわざわざつけたスイッチング機能がおもしろいとこ、哲学的に」

 

「その眼鏡でマツボックリを見ても」とうづきおばさんが言った。「フィボナッチ数は変わらないわよね。つまり本質的属性は変わらない。むつき、本質を裏返さないそんな表現を二十一世紀の現代に問いかけて何の意味があるわけ?」

 

「本質を裏返してもらっては困る」と言ったのは僕さ。「右手と左手を反転させないでほしい。利き手でおしりを拭けないのはやだ」

 

「本質を裏返すことも表現パターンのひとつでしかないわ」とむつき。「それに本質を裏返すという表現は新しい表現パターンでもなんでもないし。ママは本質を裏返すってパターンを裏返すべきよ。既存の表現パターンを再定義するという徒労に服するのではなく、新しい表現パターンを発明するという徒労に服するべき。ヒューゴー賞作家のママより亜加利ちゃんのほうがよっぽど立派だわ。亜加利ちゃんはトランスヒューマニズムにも肯定的だし。あ、そういえば亜男、婚約解消おめでとう」

 

うづきおばさんも「おめでとう」と言って僕に拍手した。僕はかるく手をあげその拍手に応えたあと、ふと本棚に目をやった。本棚には〈資本論〉って本と〈ボートの三人男~もちろん犬も~〉って本と〈共産党宣言〉って本とフアン・グリス画集が面だしで並べてあった。それから僕はティルト・シフト・グラスをオフにしてむつきに返した。むつきは鼻あてを入念に拭いてティルト・シフト・グラスをかけた。するとうづきおばさんが愛娘にこうふっかけた。

 

「それいじょう目がよくなってどうするの、むつき」

 

「目に見えるものがすべてよ、亜男」と言ってむつきは母親を相手にしなかった。で、彼女はつづけて僕にこう言った。「高尾山に行こう」

2021年8月6日公開

作品集『Adan』第76話 (全79話)

© 2021 e.s.

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ユーモア

"Adan #76"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る