Adan #75

Adan(第75話)

e.s.

小説

974文字

ティルト・シフト・グラス〈2〉

むつきの容姿ルックスについて。彼女のそれはあらゆる点において主張が激しかった。女子にしては背が高かったし、骨太で肉づきもよかったし、ショートボブの髪もピンクに染めていたし、でおまけに顔のパーツも前述した鼻だけじゃなく目も口も耳もそれからおでこだっておしなべてどこか好戦的だった。むつきの外見が非主体的だったなら――あるいは彼女が終日ひかえめにうつむき加減でいてくれたのなら僕はむつきに対してやさしい態度をとれていただろうさ、いくばくかは。

 

「あなただってちゃんと確認するべきよ亜男。①の裏が⑦のサイコロだってあるんだから」

 

こころに絶縁体のカバーをかけていた僕のそれに気づいたのか、むつきはそう言ってかけていた眼鏡をとり僕にそいつをかけるよううながした。僕は普通の眼鏡だと思っていた。だから正直言ってめんどくさいと思ったのだけれど、でもめんどくさいって言うのもめんどくさかったから僕はむつきにすすめられるまま眼鏡をかけてあげた。で、言った。

 

「むつき、いつからドールハウスに住んでるんだい?」

 

おどろいたよ。何が作りもので何が作りものでないかそんな限定的概念の話はさておき、とにかくすべてが作りものに見えたんだ。むつきもマリオネットに見えて僕はあやつり糸をさがしてしまったよ。困惑する僕をよそにそのマリオネットは眼鏡の名称とか、どういう理屈でそう見えているのかいちいち説明してくれたんだけどさ、人形に説明されて内容が頭に入ってくるわけないじゃん。なになに、レンズの水平方向/垂直方向がどうとか、アオリ撮影がどうとか、そのアオリ撮影とやらのピントやパースとかいうやつをずらすとかなんとか――なんにせよ、フレームの右こめかみ部分にボタンがあり、それを押すとティルト・シフトする。オフだと特筆すべきことのない黒縁の伊達眼鏡。やや重量があったかな。

 

「むつき、その眼鏡をかけたら暗闇の色を具体的に説明できる?」とキッチンから居間にやってきたうづきおばさんがむつきにそう訊いて僕にホットレモンティーを出してくれた。うづきおばさんはむつきの母親で僕のパパの妹さ。うづきおばさんとむつきは髪色を除いて外見がほんとそっくり。

 

「さしのべていた手をひっこめる。暗闇とはそういう色よ。私にマウントとらせないで、ママ」

2021年7月22日公開

作品集『Adan』第75話 (全82話)

© 2021 e.s.

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ユーモア

"Adan #75"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る