お子さま天下⑪

お子さま天下(第11話)

吉田柚葉

小説

1,532文字

十一回目です。はあ……ちゃんと終わるのだろうか。

どうやら亮介おじさんが俺にするつもりだった話しは大きく展開を反れてしまったようだった。彼の当初の予定で言えば、俺を説得して大窪校に転勤させるつもりだったらしい。だが、説得の導入部で思いがけず俺が号泣してしまった所為で、その説得の言葉はやや趣を異にし、空転した。結果として俺は、あべこべに、津々井校に残ることを決意せざるを得なくなった。しかし本当のところ亮介おじさんは、俺を津々井校から遠ざけることで、佳穂ちゃんが自主的に退塾するのを促すという目論見でいたのである。

……そのことに気づいたのは、亮介おじさんの車に送られて自宅に到着した直後であった。部屋に入り、まず口にした水道水の味は、ピシャリと顔にぶっかけられた冷水にひとしかった。

2019年9月25日公開

作品集『お子さま天下』第11話 (全14話)

お子さま天下

お子さま天下は1話まで無料で読むことができます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2019 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

リアリズム文学 純文学

"お子さま天下⑪"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る