絶滅者 28

hongoumasato

小説

2,065文字

聖戦士達と「ワタシ」、その戦いの火ぶたが切って落とされる。
聖戦士のリーダー・佐々木は、驚愕の過去を抱えていた。
ステルスを駆使して戦う「ワタシ」。
最後に立っていた者は・・・

「『何で俺だけ死ぬんだ! 全員死ねばいいんだ!』って、ガキみたいな男の『イヌ』として死ぬわけ? そのために今まで厳しい訓練を……」

 

「なぜ長話をする? お前は父親の復讐をしに来たんだろう? ならば、さっさと我々と戦えばいい」

 

「アンタ達に絶望しながら死んでほしいの。疚しいこと。後ろめたいこと。他人に覗かれたくない胸の内。ワタシは全てお見通し。それらを曝け出す。直視させる。その上で死んでほしいの。ワタシの家族は、ただ死んだんじゃない。絶望しながら命を絶つしかなかった。アンタ達には、屈辱まみれで死んでほしい」

 

佐々木が黙って、片手を先程のように上げた。

 

ただし、指を二本立てている。

 

「戦闘準備」の合図。

 

「佐々木一馬。防衛大学校を首席で入学・卒業。幹部レンジャー課程修了。PKOの警備要員として、イラクに派遣される。弟・勇も自衛官。同じくPKOで、イラクに派遣された。勇は、施設科所属よね。長い内戦で、ボロボロになったイラク。勇は、その復興を強く決意していた」

 

佐々木から無表情の仮面が剥げ落ちた。

 

顔が苦しそうに歪む。

 

「悲劇は、突然起きた。地元民の医療・商業ルート確保のためのトンネルを建設中、反政府ゲリラが仕掛けた地雷で、勇が殉職。日本政府は焦った。PKOを軍隊化・憲法改正の呼び水とした計画が頓挫してしまう。政府はこう見解した――『地雷撤去中の事故。隊員個人の不注意』。アンタは上官に異議を唱えた。防衛省幹部にも。結果は、黙殺。事実を知るアンタは、政府にとって厄介な存在。北海道のレーダー基地に左遷が決定。そして除隊した――自衛隊とこの国に絶望して。この国に復讐を誓って」

 

顔が歪み過ぎて、佐々木の顔は原型を留めていない。

 

他の「聖戦士」の過去を口にする暇はなさそうだ。

 

佐々木が殺意を超えて、狂気のステージに入ったから。

 

今にもワタシを破壊しそう。

 

けれど、ワタシは続ける。

 

「過去に、部下が何人も入会していた天慈会に入会。大量の自衛隊員引き抜きの行き着く先が、大規模破壊なのは明らか。だから、アンタも入会した。この国に復讐するために。弟・勇の敵をとるために」

 

「攻撃開始!」

 

佐々木が吠えた。

 

怒気と殺意が籠った咆哮。

 

ワタシは姿を消した。

 

驚愕する聖戦士達。

 

一人の股間を蹴り上げ、もう一人に目潰しを見舞い、さらにもう一人の鳩尾を殴る。

 

サブマシンガンを撃てる程度に痛めつける。

 

目潰しをくらった隊員は錯乱状態。

 

その隊員がサブマシンガンを構える。

 

このタイミング!

 

「やめろ! 撃つ……」

 

佐々木の制止は遅かった。

 

ワタシのステルスが、ただ透明化する代物でないことを佐々木は知っているようだ。

 

なら、部下達にも教えておくべきだった。

 

もう手遅れだけど。

 

目を潰された聖戦士が乱射する。

 

誤射――同士討ち。

 

その聖戦士を殺して被害を最小限に食い止めようと、他の聖戦士達も撃ちまくった。

 

乱れ飛ぶ銃弾。

 

吹き上がる血飛沫。

 

壮絶な同士討ち。

 

ワタシの体を何十発もの弾丸がすり抜けていく。

 

佐々木だけが、床に伏せた。

 

銃声が止んだ。

 

立ち込める硝煙。

 

濃厚な血の臭い。

 

散乱する肉片。

 

そして、静寂。

 

佐々木がゆっくり立ち上がる。

 

死んだ部下達は眼中に無いようだ。

 

ワタシの存在を捉えようと、五感を研ぎ澄ませている。

 

後ろから佐々木の右腕を切りつけた。

 

腕は皮一枚で肩にくっついている。

 

サブマシンガンのトリガーを握ったまま、宙ぶらりん。

 

敗北を悟った佐々木を何度も切りつけた。

 

あの日、メスで切り刻みたいという願いは叶った。

 

佐々木が仰向けに倒れた。

 

その全身を朱色に染めて。

 

さて、次は元締めを始末する番だ。

 

樹光の部屋に入ろうとした。

 

瞬間、左脚ふくらはぎに激痛が走った。

 

サバイバルナイフが深々と突き刺さっていた。

 

倒れたままの佐々木に、刺された。

 

息も絶え絶えの彼に。

 

ワタシは、ふくらはぎからナイフを無造作に抜いた。

 

激痛を感じていることは、一切顔に出さない。

 

「ゴキブリより、しぶとい」

 

冷たく言い放ってやった。

 

無念の目でワタシを見上げる、血まみれの佐々木。

 

ワタシはナイフを佐々木に返した。

 

彼の喉に。

 

あっちで勇と兄弟愛を温め直してね。

2019年2月20日公開

© 2019 hongoumasato

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ホラー

"絶滅者 28"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る